2017年2月2日木曜日

あこがれのシーリングファン

西洋の映画なんかで天井にくっついてタラタラ回っているシーリングファンというものがあります。西洋の映画の中だけではなく、日本でもたまに見ますけどね。
ウチの工房にも欲しいなと思っておりましたが、それほど天井が高くないので、無理があるのかな、と諦めておりました。だが調べてみますと30cmぐらいで納まるものもあり、値段を調べてみましたところ、安いものは安い。

大光電機照明器具 AS-563 シーリングファン セット品 リモコン付
AS-563
7,556円×1=7,556円

=========================================================================
商品の合計金額 : 7,556円
送料:756円
合計金額 :8,312円

1万円を超えたらかなり考えてしまいますけど、この値段ならつけてみようかと、購入いたしました。


早速配線をして取り付けました。作業時間約30分。


リモコンが付いてきます。

video

弱でこれぐらいの回転。


シーリングファンの良いところは、タラタラ回るというところで、強中弱の回転が選択出来ますが、強にしたところで扇風機のような風は期待出来ません。何と言っても1メーターぐらいの径があって、消費電力はたったの18W。これは扇風機ではないのでそれで良いのです。部屋の空気をノンビリかき混ぜて(循環させ)、一箇所に冷気とか暖気を溜めないようにして、冷暖房効果を上げてやろうというものです。また逆回転も出来ます。
チンタラ回るとは言っても、それでも正回転(↓方向の風の流れ)だと下に多少風が吹いて冬場は微妙に寒いので、今は逆回転(↑方向の風の流れ)で回してやります。

正直、どれほどの効果があるのか?ちょっとよくわかりませんけど、天井でタラタラとアンニュイな感じで回っているシーリングファンを見ていると、ちょっとだけ癒やされる気もします。気分はちょっとだけラッフルズ?笑

レーザーはどうなったのか?というと、とりあえずすぐに手に入るつなぎの安い機械を買ってきて、だいぶ改造と設定が終わりました。明日にはオーダー再開出来ると思います。