2017年11月14日火曜日

キャラバッシュ パイプの自作 その2 アートパイプ進化形

前回の投稿(http://aki-asahi.blogspot.jp/2017/11/1.html)続きです。

前回のキャラバシュパイプは前座の段階で、まだまだ真打ちは登場しません。
今回は多少構造も変えてみます。



同じく石膏型を3Dプリンターで作って、硬質石膏を流し込んで作ります。



途中経過を省いて完成です。



今回は本物のキャラバシュパイプのようにボウルを取り外せます。内側の掃除が出来ますし、ボウルのサイズを変更することも出来ます。その分、重くはなりました。



そして、表面に石膏を筆塗りしてアートパイプ仕上げだ。



よくよく見ると素人が適当に漆喰の壁塗りをしたような感じになっていますけど、
こういうものは最初にやったもの勝ちで、これはアートパイプだと言い張れば、そういうものなのかなぁ、と納得してもらえるものなのです。そういうことにしておこうな。



読者の方から、前のタイプを売って欲しいという話が来たのですが、まだまだジョークアイテムの域を脱していないので、売ることはありません。が、しかしDIYキットで石膏型を売ってもいいかな。石膏型、マウスピース、石膏、その他諸々をセットにして10000円ぐらいなら商品になるかもしれない。石膏さえ買ってくれば何個でも作り放題のDIYキット。1万円で大きな夢が買えるゾ。



おそらく世界で最初の石膏で作られた自作アートキャラバッシュパイプ。俺が作りました。