2017年2月13日月曜日

シャッターリボン



35mmの横走りフォーカルプレン シャッター用のリボンというのを当店で売っておりますが、最近気づいたらもうなくなってました。

このリボンですが、どこで仕入れられますか?とか質問がたまにありますが(というか普通教えないと思いますよ。まあそれは良しとして)、

「どこで仕入れられるのかなんて、こっちが聞きてえよ」

こういうのは手に入りません。では、どうやって入手してくるのか?というと、ぶっちゃけ教えてしまいますと特注しているのです。ライカのシャッター幕に付いているリボンを持っていって、「似たようなものを作ってくれ」とお願いするのです。

一回5000m作りますが、作る方としては「たったの5000メーターですか?」という感じで、あからさまに嫌な顔をされます。こういうリボンというのは大体10万mとかそういう単位らしく、リボンを織る機械を一瞬回しただけで終わってしまうような、ほとんどボランティアでやってやるぐらいのもののようです。私もそういう事を良く理解しておりますので、頭下げて下げて下げまくって、何とか5000メーターぐらいでお願いします、と無理を言って作ってもらっております。こっちが仕事を頼んでやってる、なんて態度をしたものなら、絶対に作ってもらうことは無理でしょう。「そこまでお願いされるならやっても良いよ?」ぐらいのショボい量なのです。

前回作ったのが5年程前ですから、一年間に1000mぐらいしか売れないわけです。2mで売ってますので、500セットでしょうか。まあ案外売れていると言えば、売れているのですよね。ただ10万メーターも作ったら絶対に一生使い切れない量になってしまうので、やっぱり5000mで作ってもらうしかないです。

3mm幅で作ってもらってますけど、4mmのを作ってくださいとかリクエストがありますが、作っても捌き切れんって。全部責任持って買ってくれるなら作りますけど、でもどう考えても5000mも要らないですよね。だいたい、よく考えたら5000mって5kmですよ、なかなか歩くのも大変な距離です。

そして、まともにオーダーする最低ロットの10万メーターとなると、何と100kmだ。10kmの間違いではないかと何度も確認したけど、10万メートルは100km。高速道路を法定速度で走っても、、、おいおい、1時間もかかるぞ?ほとんど気が遠くなってくる世界です。世界中に残っている横走りフォーカルプレンシャッターを修理する勢いでないと捌ききるのは不可能でしょう。

なかなか仕入れというのは難しいものだと、まあそういうものです。

2017年2月3日金曜日

オーダー再開いたしました。

レーザー加工機がメインと予備の両方が逝ってしまい、やむなくオーダーを休止しておりましたが、
先ほど再開いたしました。

次の機械を買うまでのつなぎとして、安いものを買ってきて改造を施し、何とかオーダー再開できました。



A4サイズしかないので、大きなものがカット出来ないです。
そして絶対に必要なのがバキューム ハニカムテーブルで、革なんかだとバキュームで強烈に吸引して平面性を持たせてカットしないと上手くカットが出来ません。バキュームも100w、200w程度ではクソの役にも立ちませんので、私は1馬力(750w)の強烈なやつで吸引します。

そして大概付いているレンズは焦点距離が長すぎるので、これも短い焦点距離のものに変えてやって、やっと使用に耐える状態になります。

そこから、更にデータ出し。
それでも3日ぐらい休止しただけで何とか再開出来たので、損失最小限ですんでホッとしました。それでもまたメインで使うレーザーを買ってこないといけません。

2017年2月2日木曜日

あこがれのシーリングファン

西洋の映画なんかで天井にくっついてタラタラ回っているシーリングファンというものがあります。西洋の映画の中だけではなく、日本でもたまに見ますけどね。
ウチの工房にも欲しいなと思っておりましたが、それほど天井が高くないので、無理があるのかな、と諦めておりました。だが調べてみますと30cmぐらいで納まるものもあり、値段を調べてみましたところ、安いものは安い。

大光電機照明器具 AS-563 シーリングファン セット品 リモコン付
AS-563
7,556円×1=7,556円

=========================================================================
商品の合計金額 : 7,556円
送料:756円
合計金額 :8,312円

1万円を超えたらかなり考えてしまいますけど、この値段ならつけてみようかと、購入いたしました。


早速配線をして取り付けました。作業時間約30分。


リモコンが付いてきます。

video

弱でこれぐらいの回転。


シーリングファンの良いところは、タラタラ回るというところで、強中弱の回転が選択出来ますが、強にしたところで扇風機のような風は期待出来ません。何と言っても1メーターぐらいの径があって、消費電力はたったの18W。これは扇風機ではないのでそれで良いのです。部屋の空気をノンビリかき混ぜて(循環させ)、一箇所に冷気とか暖気を溜めないようにして、冷暖房効果を上げてやろうというものです。また逆回転も出来ます。
チンタラ回るとは言っても、それでも正回転(↓方向の風の流れ)だと下に多少風が吹いて冬場は微妙に寒いので、今は逆回転(↑方向の風の流れ)で回してやります。

正直、どれほどの効果があるのか?ちょっとよくわかりませんけど、天井でタラタラとアンニュイな感じで回っているシーリングファンを見ていると、ちょっとだけ癒やされる気もします。気分はちょっとだけラッフルズ?笑

レーザーはどうなったのか?というと、とりあえずすぐに手に入るつなぎの安い機械を買ってきて、だいぶ改造と設定が終わりました。明日にはオーダー再開出来ると思います。