2018年7月18日水曜日

Leica M10貼り革の採寸 その3

M10採寸の続きです。











Leicaの貼り革の採寸で手こずるのは上下の線です。
こんなところどう考えても直線としか考えられないのですが、直線だとどういうわけか貼ったときに合わないです。最大0.4mmぐらい直線から外れているので、不思議で仕方がありません。
仕方がないので貼り革を貼り付けて、合わない部分は制御点を入れて調整しながら実機に合わせていくという、作業を続けてデータを作っていきます。



2018年7月16日月曜日

スポットエアコン

年齢を重ねるごとに耐えられなくなってくるのが、この夏の暑さです。
当店の仕事場は元々スレート壁の倉庫なので、その中に冷暖房が完備されたスペースを一部作って、残りは冷暖房なし。その冷暖房なしのところで作業をするのが、この暑さでは非常にきついのです。以前は暑いぐらいそれほど気にならなかったのですが、最近はもうダメだ。風通しの悪い構造なので熱気がこもって夏場は外よりも余裕で暑いです。しかも今年の夏はまた一段と暑そうで、すでに熱中症でボコボコと人が死んでいます。

若い頃は外仕事をしていましたので、真夏の炎天下でも「もうちょっと本気出して暑くしてみんかい」ぐらいの気分でやっていましたが、それから20年もたった今は、もう今年は耐えられる自信も根性もないということで、スポットエアコンを買ってきました。



知っている人は多いかと思いますが、一応エアコンの一種でダクトから冷気が出てきます。そのかわり後ろのダクトからはものすごい熱気が排出されます。それはエアコンの意味がないのでは?と思われるかもしれませんが、部屋全体を冷やす目的ではなく、一部でいいから冷気がほしい、そういう目的のものです。

クリッカーで打ち抜き作業をするときに、自分のところにだけでいいからちょっと冷気がどうしても必要なのです。大きめの工場扇も使っていますが、熱気をかき回しているだけで、結局暑い風が循環しているわけで、冷やすという目的で言えばほとんど役に立ってないです。熱い風が吹いてくるというのは、もう不快以外の何物でもない。

スポットエアコンとはいえ流石にエアコンなので、なかなか具合がよろしいです。5万円という案外高い値段ですけど、それぐらいは何とか許容できるというか、現状ではもうそれ以外に現実的な解決方法はないです。
しかし一箇所解決すると、今度は他の暑い場所が我慢できなくなってきますので、もう一台追加購入となりました。これぐらいの金で済むなら、もうそれで解決したいです。

体力的な理由でしょうか、だんだん歳とともに我慢ができなくなってくることが多くなってくるものです。

2018年7月11日水曜日

Leica M10貼り革の採寸 その2

傷防止のシールを貼りましたので、革の採寸を行ってまいります。


まず剥がします。またこのテープか、、、。

たしかM4ぐらいからライカはグッタペルカではなくビニックスレザーに変わり、現在はビニックスレザーではなく、独自のPVCレザーを使っているようなのですが、ライカのレザーの問題は、非常に安物のテープで貼り付けてあるということです。このM10はどうなのかわかりませんけど、M4,M6は溶剤系のテープを使っていたので、レザーが縮むのです。
それで縮み防止に、ライカはビニックスレザーを(詳しい温度は忘れましたが)80℃ぐらいで10時間ぐらい焼くという完全に見当違いの処理を大真面目にやっていたのであります。これは日本カメラの編集者さんが実際にLeica社を訪れて、実際にそれを見てそういう説明を受けたということを私自身が聞きましたので、間違いないことだと思います。

ビニックスレザーに焼きを入れるという処理に果たして縮み防止の効果があるのかどうか私にはわかりませんが、その後が間違ってる。安物の溶剤系テープを使ってボディにレザーを貼り付けるので、結局縮むのです。なぜ無溶剤のテープを使わないのだろうか?私には不思議で仕方がありません。あのLeicaでも見当違いのことをやることがある、という一例でした。

Leica M10 Top Bottom 傷防止シール カーボンパターン

Leica M10の採寸をする前に、まずはこれ。借り出したカメラに傷をつけてはいけませんので、傷防止シールを貼り付けます。







本物のカーボンではなくPVCのカーボン調シールです。100円ショップのではなく、3M(スリーエム)製のシートです。こんなものが結構高いです。

こういうものも需要があると思いますので、また後日販売をしたいと思います。どうだろうなぁ1000円ぐらいで良いんじゃないでしょうか。




2018年7月10日火曜日

Leica M10貼り革の採寸



Leica M10のボディをご厚意で借り出してきまして、採寸を始めてまいります。
こういう車一台買えてしまうような高級カメラを人に貸し出すというのは少々理解ができない気がしますが、お金に余裕がある方は別にこれぐらいの金額はどうと思っていないようで、ライカというカメラは本来そういう方が持つものである、そういう気もします。
いずれにせよ、また私にはあまり縁がないカメラではあります。



とにかく取扱には気を使いますので、まず底面の傷防止パッドを作って、それを貼り付けてから採寸をしたいと思います。



そういえば最近、31.5インチ4Kモニタを購入しました。超快適ですが問題があります。



その問題というのは、マウスの移動距離がものすごく大きいのです。
メニューまでものすごく遠い。マウスの設定でアクセラレーションをかけていてもやっぱり遠いです。



しかも4Kモニターをまともに動かそうとしたらビデオカードも結構なパワーがいります。
GeForce GTX 1070ぐらいなら気分良く動きますよ、というので買ってつけたは良いけど、スロット2本も専有して、追加で2本も電源ケーブルつなぐって、一体どれだけの電力が要るんだろう。
まったく便利なんだか便利じゃないんだかわかりません。


2018年6月24日日曜日

いただきもの

もう数年前から台湾の女子高生のライン友達がいるんですけどね、知り合った頃は中学生で、この前高校卒業して、9月から大学生になるそうです。
その女の子がいろいろ送ってくれました。50近いオジサンが、18歳の女の子に物をもらうというのは、それはもう嬉しいのですけど、ちょっと(というかかなり)恥ずかしいです。


結構ぎっしり詰まった箱が届いたよ。


おお、たくさん入っているぞ。


話梅(ホワメイ)という甘い味の梅干しです。台湾人は結構これが好きです。日本人にこれを食わせると微妙な顔をしますけど、私は結構好きです。


ドライマンゴー。日本でドライマンゴーとかものすごい高いです。美味いっす。


梅子鶏というレトルトが入っていました。作ってみます。


ご自分で漬けられた梅も入ってます。日本の梅と違い、こちらも甘めの味です。
台湾の梅は酸っぱくないね?と言ったら、
「這樣的梅子對我們來說算酸了、日本的飯上面的梅子超級酸」
(これでも酸っぱいアルヨ。日本のご飯に乗せる梅干しメチャメチャ酸っぱいアルネ)
だそうです。

結構なものをもらってしまったのでした。未成年者から物をもらって、もらいっぱなしはかなり恥ずかしいので、何かお返しを考えないといけません。何が良いだろう?

「日本で有名な台湾人は誰?」って聞かれたので、「李登輝先生」って答えました。
「今、台湾で有名な日本人は、ヒカキンさんと、はじめしゃちょーさん」だそうです。
何か埋められないジェネレーションギャップを感じたのでした。


2018年6月20日水曜日

ラジオは持っているか?

2日前に大阪の方で地震があり、大災害にはなりませんでしたが、それなりに混乱が起きました。地震発生して30分後ぐらいに大阪の知人の安否確認でTELをしましたが、これが通じないのです。みんなが安否確認のTELをするからすぐに回線がパンクしてしまう、そういうことのようです。
震災のときにはスマートフォンとか回線がパンクしてしまうので、あまり役に立たたなかったという話を聞いたことがあります。震災時に役に立つのは何と!ラジオだそうです。回線というものがないので、どれだけ多くの人間が聴取しても聞くことができるわけです。ただ双方向通信ではないのは仕方がありませんが。

そういえば、もうウチにはラジオというものがなかった。PCやらスマートフォンが便利になったため、ラジオの役割というものが限りなく小さくなってしまったのです。



ラジオぐらい安いものだから即、一台買っておきました。
重要なのは電池で動くもの。充電式とかはいざというときに充電されていないとかになるのでダメです。手回し式も結局使うときには充電池がへたってしまっている場合が多く、手回しして充電しても30秒しか聞けないとかになってダメらしいです。
最高なのは単三電池で動くものですが、実際に届いたものは単4電池用でした。まあ仕方がないから単4電池の予備を買っておいて我慢します。

あと、神戸震災の被災者から実際に聞いたのは、震災時に、とにかくものすごく役に立つのはバール(鉄の棒)だそうです。水とか食料とか実は大して重要ではなく、日本にいる限り、とりあえずの水食料は翌日には自衛隊が運んでくるので、一日凌ぐだけの水食料など大して重要ではない、らしいです。


大概のドアも多少の壁もバールで突けば破壊でき、手では動かせないような瓦礫もバールならテコでなんとかなる。助からない命もバール一本で助かるケースが多い、まさに鬼に金棒
震災に備えて、ラジオと大きめのバールをぜひ用意しておきましょう。

鬼に金棒を英語ではどういうのだろう?とふと思って調べましたところ、


何と!「カナボー・トゥ・デーモン」だとよ!?(笑)、、、ウソつけ、この野郎!
更にだ、右上のスピーカーのマークをポチッと押したら、女性の声で
キャナボー・トゥ・ディーモン」というネイティブ英語話者の発音が流れました。なかなか芸が細かいなと感心したのでした。



2018年6月18日月曜日

Leica T貼り革採寸 続き 3

前回の続きです。



先週発注しておいた刃型が出来上がってきました。



刃型というぐらいですから、文字通りの刃です。



とりあえずカットしてみました。
これさえあればプレス機でパチンと一発カット、時間にして約5秒ほど。何の面倒もありません。ただプレス機のハンドルを押すだけで、もう何個でも同じものがカットできます。
あとはたくさん売ってガンガン儲けるだけですが、世の中というのはなかなかそううまくは行きません。まずは刃型の制作費用を償却するという話になります。

それでは、本日はサンプル写真を撮って販売までこぎつけたいという予定です。



まずはネイビーブルーシュリンク。



オーカーリザード。



貼り革は、基本的にフロントを覆う感じで下端までです。



2018年6月16日土曜日

パレットの解体用自作フォーク

よくここにも書いていますけど、隣のデッキ工事屋さんには廃材のパレットが結構たまっております。





最近、たまりすぎて困ってきたらしく、私が「うちの親父にやらせようか?」と提案をして、一日8000円の労賃でパレット解体を請け負ってきました。年金生活者が一日8000円ぐらいの小遣いを得るのは悪くもないと思いますが、本人は80歳近いですので、それほど金が欲しいとは思っていないようです。それでも体が動く限りは社会参加というものが必要ですね。

パレットの解体もなかなか面倒なので、今回解体用のフォークを自作してみました。



基本的にウチに転がっている廃材のようなものを利用して作ります。



今回フラットバーだけは9mm厚のものを購入しました。実は最初4mm厚のフラットバーで作ったのですが、あっけなく曲がりました。

フラットバーのサイズは 150mm x 50mm x 9mmTです。2個で1078円。まあ高いんだか安いんだかわかりませんが、妥当でしょう。
あとは転がっている鉄パイプをつなぎ合わせて溶接して終わり。おそらく30分ほどの仕事です。



なかなか使えますよ。解体も割と楽になり、うちの親父はこれで4日間で32000円の小遣いを得たのでした。



幅は170mmほど



フラットバーの間隔は70mmほど取っておけば大概のパレットに対応すると思います。



この部分のパイプの太さは何でも良いと思います。Φ30mmでもΦ40mmでも溶接さえきちんとしておけば大概問題ないはずです。ただパイプ肉厚は2mmぐらいあったほうが確実でしょう。



これを振り回して戦うわけではありませんので、こんなぐらいで十分でしょう。

2018年6月13日水曜日

Leica T貼り革採寸 続き 2

前回からの続きです。



ツキ板でデータを合わせていきます。伸縮がまったくない素材ですので、微妙にあっていない部分がよくわかります。0.05mm単位でデータをいじっていきます。0.5mmではなく、0.05mmです。ここまで細かいデータをいじって、カットしてと延々やっているとかなり疲れてきます。しかしデータが一回出来上がればあとは何も考える必要はありません。しばしの我慢です。



好みの問題ですが、チェリーウッドで貼ると実にしなやかな雰囲気です。


長い間かかりましたが、やっとデータが出来上がったのでした。


せっかくだからハーフカバーも作ります。
ハーフカバーの場合、どこで切るかが問題です。これは少々下すぎるような気がします。




だいたいこのあたりだとバランスが良いのではないでしょうか。
これで刃型を発注しようかと思います。



2018年6月10日日曜日

普段着はジーンズ

私はスーツを着るような仕事ではないので、普段の服装に特にこだわりがありません。普段の服装どころか外に出かける服装も気にしない、要するに何でも良いんですけど、仕事柄で案外汚れたり擦れたりするので、汚れが目立たないブルージーンズだけをひたすら履いています。
3本ぐらい持っていてローテーションをしていても、1年もすれば汚れるわ擦り切れるわで、結構見苦しいものになってしまいます。そのまま放っておくとホームレスとそんなに変わらない服装になる。ジーンズがいい感じに色落ちしてカッコいい古着になるのではなく、これは作業着として履いているなというのが丸わかりのボロさです。
最近ユニクロのジーンズも結構高くなってきて、バカバカしくなったのでフリマサイトで10000円の予算で買えるだけ買ってみることにしました。


送料込みで1200円ぐらいを予算上限にしても、気をつけて探せば結構きれいなリーバイスやエドウィンのジーンズが手に入ります。ウエストサイズが30インチの標準体型なので流通量が多いのも一因だと思います。裾上げは自分でできますので、股下は30インチ以上あればOK。私のようなダサいオジサンは形状がどうのとか、流行りのスキニーとか、そういうことは気にしません。男のジーンズはストレート(ただしストレッチ生地以外)、これだけです。「人間というのはこだわりが多ければ多いほど、それだけ人生が窮屈になるものだ」ということが50年近くの人生で学んだことです。

結局11000円ぐらいになりましたが10本買えました。
その中で2本、新品ですがノーブランド(Big Johnとはタグに入っていましたが)のものを買ったのでした。しかしこの腰についている革タグが非常にカッコ悪い。


私もブランドに拘りませんが、いくらなんでもこのタグはないだろう?全くやる気が感じられません。イオンで1000円ぐらいのものに近い感じですが、生地も縫製もそれほど悪くない感じで、革タグ以外は明らかな安物というふうでもない。つまりこの革タグがすべてを台無しにしている、そんなもったいないジーンズです。
もったいないので、この革タグをなんとかしてやります。



Webから落ちているデータを拾ってきて、レーザーで刻印。


あっ!リーバイスに早変わりした(笑)。ヒップポケットのステッチがリーバイスとは違うのは内緒だ。
しかしこれではただのパクリであまり面白くない。


では、ラングラーのロゴのデータを引っ張ってきてリーバイスの社名を入れ替えて作ってみた。何と、とんでもないパチモノが出来上がった!(笑)。見る人が見たら憤死しそうな見事なロゴだ。


今度は少しだけオリジナリティを出して作ってみます。それでも人の顔のデータは拾ってきたんですけどね(ネブカドネザル大王)。


うーん、なかなか満足。
こういう一銭の金にもならないことに対して、なぜか熱くなるのは、もう何とかならないのだろうか、と思うわけであります。

これで3年間ぐらいはジーンズの心配はいらないです。