2019年1月12日土曜日

49歳のアブローラー 75日目

先日書いた投稿の続きです。

今年は私も50歳になります。50歳というのは、もう若くありません。若いつもりとかそういう思い込みや空想はキッパリ捨てて、現実的に日に日に老いていく事実を切実に認識しないといけない時期です。
70歳、80歳になっても自分の足で歩いて階段を登るためには、今から何か鍛えないことには自然と弱っていくばかり、という事実を認めましょう。もうここで目を覚ます、今がその時です。ウォーキング程度ではあまり効果はないらしく、筋トレが必要だということです。



https://youtu.be/79ImrKeqAhY の続き。

立ちコロができるようになってから16日目、10月29日にアブローラーを膝コロから始めてからトータルで75日の状況です。75日と言っても、まだ2ヶ月半です。まだまだフォームは完璧から程遠い状態です。
「随分と楽そうなトレーニングだな」と思った方、アブローラーを買ってぜひ試してみてほしいです。アブローラーなんか1000円ですよ?

足腰を鍛えるには、本来スクワットが良いようです。ただスクワットは100回もやるのが面倒なんです。実は私もやっていますが、回数をこなすのが面倒なので、14kgとか18kgの重りを抱えてやってます。20回もやればゼーゼーです。

さあ、50歳ぐらいになった皆さん、勇気を持って現実を直視し、足腰を鍛える何かを始めようではありませんか。

2019年1月8日火曜日

Amazon プライム・ビデオにサザエさん来た!

Amazon プライム・ビデオのラインアップにサザエさんが加わりました。プライム会員なら追加料金無しで見られます。


1969年のシーズン1の50回放送分ほど、何と50年前のものです。しかもデジタルリマスターらしい。


現在アマゾンはTVサザエさんのスポンサーですが、今まで過去作の再配信やDVDなどを頑として認めなかった著作権保持者(長谷川町子美術館)を、一体どうやって丸め込んだのか、私はその事情のほうがかなり気になります。


上は他人様のレビューですが、この配信は歴史的快挙と言えるのではないでしょうか。

しかしながら、ご覧いただくとわかると思いますが、過去のサザエさんは我々が持っている現在のサザエさんのイメージとはかなり異なります。
まず、ほのぼのしていません。かなりスラップスティック(ドタバタ劇)で荒っぽく、登場人物は皆、攻撃的なトガった性格で、結構毒があります。描かれている顔も今と比べてかなりきついです。フネ婆さんでさえハサミを振り回して波平を追い回したり、サザエさんは包丁を振り回すというのは、今のサザエさんからは想像もできず、軽くショックを受けます。とても3世代の家族みんなで楽しんで見られるTV番組ではないのは確かです。

シーズン1から今後続いて配信されるのかわかりませんけど、いつからサザエさんが今のようにほのぼのとしたものに変わっていくのか、その流れを見るのが楽しみではあります。

2019年1月4日金曜日

日本の治安は急激に

中学の同級生で愛知県警に勤めている男がいて、酒の席でいろいろ警察の面白い話を、話せる範囲で話してくれるんですけど、今回驚いたの話は
「日本の治安は急激に良くなっている」
ということです。書き間違いや飛ばしではなく、良くなっている。実際にどれぐらい良くなっているかと言うと、犯罪件数が10年前と比べて6割~7割ぐらいに減ってる、つまり約2/3。何と驚くべきことではないだろうか。他の国や歴史的なケースを調べたわけではありませんけど、一つの巨大な社会で僅か10年の間に犯罪が2/3に減ってしまうということは、驚異的というより驚愕的なことではないでしょうか。

 実感としてどうだ?と言われても、もともと治安の良い地域に住んでいるし、夜の繁華街に飲みに行かないので、私自身は何の実感もわきません。
 ちなみに理由はわからないそうです。
 「警察が頑張っているおかげか?」と聞くと「ほとんど関係ない」し「警察の貢献度は2%ぐらい」だそうです。
 暴力団が減っていることにも関係はあまりないらしいです。暴力団が減ると、その分を補うように半グレ集団が増えるそうです。
 しかし何だか理由はわからないんだけど、治安は相当良くなっている。どこかで聞いた話ですけど、犯罪を抑止するのに一番良いのが「犯罪は割に合わない」という認識を共通して持つこと、というか持たせること、ということですので、現在の日本では犯罪を実行する労力を考えると現実問題として割に合うものではない、ということなのかもしれません。

だから今、警察はかなり暇、だそうだ。このまま平和が続くと警察の予算と人員を減らされるので、現状は東京オリンピックの警備を理由に予算と人員を減らされないように頑張っているそうで「もうちょっと警察が頑張れるように、もう少し気張って犯罪起こしてもらわないと、、、」と言いたくなるほど、警察はちょっと困った状態になっている、らしい。

 要するに警察のような治安組織と犯罪者というのは、好むと好まざるとにかかわらず「共存共栄」の関係になっている、ということに気付かされるお話でした。言ってみれば「悪栄えて、警察繁栄する」とか「悪滅びれば、警察消滅する」ですね。
いやむしろ「同床異夢」とか「呉越同舟」の成語のように奥深い哲学さえ感じます。
一般市民といたしましては、治安の良い社会に住んでいるのはとてもありがたいことではあります。

2019年1月3日木曜日

酒との付き合い

 皆様あけましておめでとうございます。本年度もよろしくお願いいたします。
 年末とお正月というのは、酒を呑む機会が増えることだと思います。私の場合は酒を呑むような営業がないので、忘年会というものがありませんし、呼ばれません。年末に一度高校の同級生が8人ぐらい集まって飲み、1月2日に中学の同級生が10人ぐらい集まって飲んだというぐらいでした。
 私は実に酒とは良い付き合いをしていると実感します。というのは、普段は全くビールもワインも含めてアルコールが入った飲み物を飲みません。我慢しているわけではなく、別に飲みたくならないから無理して飲むこともない、という感じでしょうか。一年に少なければ3回、多くて6回ぐらい飲む程度かな。ただ酒席では普通の人が飲むぐらいの量は余裕で飲めます。だから酒を嫌っているわけでもない。でも好きかと聞かれれば「特に好きではありません」。要するに私にとって酒というのは、どうでもいい存在。
 どうでしょう?これほど良い付き合いはなかなかないですよ。 ただ私の場合、酒を飲まない代わりにタバコだな。紙巻きシガレットから健康リスクが低いパイプたばこに変わったんだけど、これも酒との付き合いのように、普段は吸わないけど気が向いたら吸うぐら
いのものになると良いなと思うわけですよ。




数えるのが怖くなってきたパイプの量を見ていると、ちょっとそれは無理かな、という気がします、、、。



今年も年始から休まずアブローラーを転がし始めました。6ヶ月後にはどういう体つきになっているのか、少々楽しみであります。
トレーニングの良いところは、昨日は辛くてギリギリできたことが、今日は少し楽になって、3日後ぐらいには普通にできるようになるというところでしょうか。毎日ちょっとだけですが進化を感じられる。実に素晴らしいことです。


2018年12月30日日曜日

今日から俺は!!......ダンヒルパイプ オーナー(笑)

年末のこの時期は、某オクは出品は少ないけど、大掃除でひょっこり出てきた死んだ爺さんが使っていた汚いパイプ、みたいなのが、価値がわからないけどゴミ箱に突っ込むのも馬鹿らしいので、1000円ぐらいで出品してやれ、というヤケクソ感が漂う出品がチラホラあったりする。目の効く買い手も少ないので、それがそのまま1000円で落札できたりする良い時期でもあります。

クリスマス以降など、さらに買い手もいないのか、驚くべきものがずいぶんと安い値段で出品されて、それでいて大して競りもせずに落札されてしまったということがあります。

今回はそんな一品です。


もちろんエステート(中古)パイプですが、Dunhill Shell Briar。
送料入れて8300円ほど。全くありえない価格だ。


Year Suffix が32となっているので、1960+32=1992年と思われます。


チャンバーの焦げはなく、1mmほど固まりついていたカーボンをサンドペーパーで削り落としたら綺麗になりました。ゴースト(残った匂い)もほとんど感じられません。
マウスピースを綺麗に洗って、コンパウンドで磨きあげ、ボウルはアルコールの蒸気でフラッシュして、30分ぐらいでレストア完了。表面の艶出しはシェラックニスでも買ってきてまたやってみます。これだけやるだけで、普通なら落札価格2万円を下ることはないでしょう。


思わぬ幸運で入手出来たダンヒルパイプ。
ダンヒルで残念な味だったらどうしよう?という心配は全く杞憂で、さすがダンヒル、お見事な煙味です。煙なんかほんのちょっとだけ口に入れれば、フワッと豊かな味わいが広がります。ただのパイプなのに一体何が違うのでしょうねぇ?
とりあえず今年最後に大きな当たりを引きました。


今日から俺は!!......ダンヒルパイプ オーナー(笑)


まだまだ今日も転がしています。
アブローラーの立ちコロは、メチャメチャに力を入れればよいというものではなく、どうやら力の入れ方、力を入れる部位にコツがあるのだということに、ちょっと気がついた。
理想形は、腕まっすぐ、体まっすぐ一直線で、一本の棒のようになって倒れ込む。それに到達できるのも案外遠い未来の話でもないのかもしれない。

皆様良いお年をお迎えください。

2018年12月27日木曜日

2018年も終わる

 ずいぶんと長い間ブログを更新しておりませんでしたが、それができない状態であった、要するに仕事に集中せざるを得なかった、そんな感じです。

 今年も食いつなぎました。どこかで読んだ話ですが、
「歳を取るに連れ、人生において食い続けることの難しさを知る」
 私も50歳近くになって、ますますそれを実感すると同時に、社会に出てから30年ほどの長い期間、食い続けてきたことはなかなか大したものだと思うのであります。

 食い続けるというのは、まあいわゆる食い扶持を稼ぐということなんですけど、そろそろそれ以外に、老いていくことも真剣に考えないといけません。いつまでも今のまま健康でいられるわけではなく、確実に体力が落ちていくわけです。今年の夏は特に暑かったということもありますが、夏が終わってからガックリと疲れてしまい、ずいぶんと体力低下を実感しました。

 2カ月ほど前に健康診断を受けた時、医者に何か運動をしろと厳しく言われました。ちなみに私は運動とかスポーツが大嫌いです。大嫌いと言うよりも、スポーツ観戦も含めてまったく興味がありません。特に走るなんて一番キライな行為です。走って一体何が楽しいのでしょうか?普通、大人が走るという時は切羽詰まっている状態で、緊急時でもないのに走るなんて行為をするのは、まったくもって理解に苦しみますし、他人様がやっているのは別に否定しませんけど、私は金を払ってでも勘弁してもらいたいです。
 だからジョギングは速攻で却下と言うよりも、最初から選択に入りません。もっと短い時間とか細切れの時間で何とかなる運動が私には好ましい、ということで、いろいろ調べてみたところ、アブローラー(腹筋ローラー)が良いらしい。しかもAmazonでもドンキでも1000円ぐらいで売っている。ヨドバシで送料込み600円弱で売っていたので、これを早速買ってみて、膝コロからはじめました。


ヨドバシで600円弱のアブローラー(もう売ってません)。カラーを噛ませてローラーの幅を広げてあります。車輪に横方向に溝がついているこういうタイプは、転がすと結構うるさいです。このタイプはおすすめしません。


ドンキホーテで999円+税のアブローラー。ローラーサイズが多少小さいです。
どちらもセリアで100円で買ってきたクッションをハンドルに巻いてあります。

 最初は膝コロさえ一回もできません。見た目は楽々やっているように見えますが、実はものすごいきついです。嘘だと思うならやってみれ。ただ仕事場の隅にアブローラーを置いて、3分でも時間があれば膝コロをやっていると、二週間もすると連続30回とか50回ぐらいできるようになるんです。
 そうするとね、膝コロなんかかったるくてやってられねぇってわけで、ガチ勢がやっている立ちコロをやりたくなるわけですよ。しかし!立ちコロは膝コロの延長線上にはありません。膝コロが100回連続でできても立ちコロはできないでしょう。膝コロで使わない筋肉をガッツリ使うわけで、もう段違いの筋力がないと無理です。かなり真剣に取り組まないと到底到達できそうにはありません。あれこれ見ていると、1年経っても立ちコロができないなんて人はゴロゴロいます。でもそれを私はチャレンジすることにした。
 立ちコロができる人の動画を見ていると、ものすごく簡単そうにやってるように見えますけど、あんなの初心者には絶対無理ですよ、いきなりやると間違いなく腰をイワします。あれだけスイスイできるのは超人レベルだと思ってください。

ざっと感覚的に
適当にやる腹筋100回 = 膝コロ10回 = 立ちコロ1回 
ぐらいのキツさです。

「はい、これから立ちコロにチャレンジしていきまーす!」って動画はいくらでもあって、途中でいつの間にかやめちゃっていたりしてなんてのばかりで、「ゴタクは良いからさっさと結果を見せろ」というお気持ちでしょうから、
私はここで結果を見せてやる



冬はトイレに行く回数が増えるから、そのたびに転がすようにして、おそらく一日150回ぐらいは転がしていたのではないだろうか。何とか2カ月で立ちコロに到達したのでした。毎日やりました。筋トレは毎日やるなとか書いてありますけど、それはガチ勢の場合だ。この程度なら毎日やってもどうってことはない、というか週に2、3回、20回程度転がしてますってぐらいでは、一体いつになったら立ちコロができるようになるのか?そういう話だよ。

立ちコロができたぐらいでは腹筋は割れませんでしたけど(たったの2ヶ月ですから)、ガッツリ腹筋がつきましたね。しかもこの俺でも努力をしたら立ちコロができた、という自信がつきました。
ここでやめるのではなく、来年もこのまま続けていき、少しは体力をつけて老化防止に努めていこうと、この年の瀬に決意したのでした。

立ちコロができると、アブローラーさえあれば大概どこでもトレーニングができます。10回20回転がすぐらいはたったの3分のことで、細切れ時間でガッツリと上半身トレーニングができます。

という感じで、私の2018年は終わりました。皆様良いお年をお迎えください。
12月31日~1月3日はお休みをいただきます。

2018年10月28日日曜日

Briar Bowl -- 半完成品パイプ その2

ギリシャのAlexander Briar Pipesをチェックしていたら、Briar Bowl(半完成品のパイプ)の種類が増えていた。

https://www.briar-pipes.com/en/51-briar-bowl

これは黙って見過ごすわけにはいかない、ということで、また5本買ってみた。


日本円換算で5400円ぐらいか。ずいぶんとお値打ちなことだと毎度ながら思います。


以前、このメーカーでpickaxeモデルを買ったことがありますが、気に入っていますので、同じようなpickaxe形状のものを2つ購入しております。1個9,68 €とちょっとだけ値が張りますが、自分の技量ではこんなもの削れませんので、買ったほうがずいぶん手っ取り早いです。
よーくチェックをすると、いずれのパイプも小穴が多少あったり、煙道がセンターから少しずれていたり、木目が微妙だったりします。おそらく製品として削っている途中で多少の問題があってハネられたもの、いわゆるB級品を捨てるのももったいないので半完成品として売っているのではないかと思います。それでも私のような素人には十分なレベルではあります。


大まかに削ってあるという感じでしょうか。表面はボコボコしていますので、電動サンダーやらベルトサンダーを駆使して1時間ぐらい削ります。


形状はこんな感じで良いのではないでしょうか。


ここで1日ほど魔法の液体に漬けます。どこかの海外サイトでこのやり方を知りました。木材内部に残っている樹液を取りのぞく方法です(要はアク抜き)。魔法の液体って勿体ぶって言ってますけど、ただのバーボンウイスキーです。別にスコッチウイスキーでも良いですが、日本酒や焼酎はやめとけ。

もっと長い時間漬けておけばどうなるのか?というのは非常に興味深いですが、待ちきれませんので、1日にしておきます。


小さな穴やら多少のクラックはありますので、パテ埋めしておきます。


染色して磨いて出来上がった。マウスピースはまた安物だ。


なかなか美しいです。


またまた大満足。

どこかで聞いた話ですが、喫煙者の99.8%は紙巻き(シガレット)だそうです。その他の0.2%が葉巻、パイプ、嗅ぎたばこ、紙タバコ、スニッフやら諸々その他。
要するにパイプなど1000人に1人ぐらいやっているかどうかという実にマイナーな世界というわけです。実際にどれ位になるのだろうか?と計算してみると、
日本の人口を1億2000万人として、今どき喫煙者率は20%ぐらいとして、その1/1000。
120000000*0.2/1000=24000
なんと日本全国で見ても2万4千人ぐらいしかいない、という計算になります。その割には、タバコ専門店に行くとパイプたばこの種類ってかなりあるんです。これで商売になるのだろうか?ちょっと心配になります。