2020年7月5日日曜日

給付金10万円の使いみち---電動アシスト自転車

 給付金の支給が遅い遅いと言われていた名古屋ですが、金曜日にやっと振り込まれました。基本的に給付金を使おうが貯め込もうが個人の勝手なのですが、経済効果出すにはこういうお金は使い切らないといけません。資本主義社会ではお金を使うことはまさに社会貢献です。みんなが一気に10万円を使えば経済はある程度回るはずで、お金さえ回れば経済は死にません。どうせなら100万配りましょうよ。100万円をみんなが一気に使えば、間違いなく国庫から吐き出した100万円以上の税収が上がりますよ。

 さて私は10万円キッチリ使い切るというよりも、決して10万円を超えないようにキッチリと10万円使うことにしました。


 自分用に欲しかった電動アシスト自転車を買います。
 自転車屋は航続距離が長いPas withを勧めてきますが「給付金の10万円しか予算がない」と言い張り、一段グレードの低いYAMAHA Pas cheerにしておきます。お値段89980円。これにリアバスケットと盗難保険と防犯登録をあわせて96942円で、3000円余りました。


 残りは撥水ジャケット(レインコート)と防水パンツを買いました。雨の日に無理して自転車に乗る必要はないのですが、乗った後に雨が降ってくるということは往々にしてあるので、抜かりなく用意しておきます。


ワークマンでも比較的安めの撥水ジャケット1900円。


 残り500円は、100均でパンク修理キット、レインコートを入れる袋、自転車のカゴの荷物が飛び出さないようにするゴムバンド、ドリンクホルダーを買いました。


ゴム紐3本:110円。
ナイロン袋:110円。ナイロン袋にはレインコートとマスクそしてレジ袋を数枚入れておくと便利。


ドリンクホルダー:110円

 合計額は99,977円です。23円余らせてほぼ10万円を使い切りました。10万円を超えたところでどうってことはないのですが、これは意地ですね。


自転車屋の軽トラを借りて自分で運んできました。


自転車というのはカゴをつけると所帯じみて実にカッコ悪いものになりますが、2つバッグを乗せるので仕方がありません。郵便物を入れるかばんと、トレーニングウェアとシューズを入れるかばんの2つを乗せるためにはフロントとリアの2つのカゴが要るのです。


しばらく極力自動車には乗らず、郵便局に発送に行ってその帰りにジムに行くという日常的なルーティンをこの自転車でこなすことにします。地図で計ったみたら10.5kmと少々距離がありますが、PAS cheer(9.3Ahバッテリー)でも通常モードで37km(カタログ値)のアシスト走行距離がありますから一回の充電で2回旋ぐらいは楽勝です。
 ちなみに1回のフル充電の電気代は10円ぐらいらしいです。でもバッテリーの消耗を金額で考えるともっと高いと思いますが。


現状毎月6000円ぐらいガソリン代を使うのですが、ガソリン代でこの自転車代金の元を引くまでがんばります。大体17ヶ月、1年半ぐらいというところでしょうか。雨の日や極寒の日は乗らないとなると2年かな。ちょっと気が遠くなりますね。

2020年6月29日月曜日

簡易フィルターレンチ

名称はちょっとわからないのですが、レンズのフィルターを外すようなレンチがカメラ修理屋さんだと必要になります。


こんなような形をしていて、


齧りついたフィルターを外したり、レンズの鏡胴を分解したりするものです。これをパイプレンチなんかで強引に外したりすると変形したり傷がついたりするので、こういう専用工具が必要になります。


 小さいものだと古いライカのファインダー部品を取り外すのに使ったりします。
10mm径以下ぐらいの小さいものですと普通に売っておりますが、大きなものが今はもう手に入らないとか入手困難だとからしいです。
 しかも大きな径のものは材質がベークライトで結構簡単に割れてしまうので、なんとか代替品を作って欲しいというカメラ修理屋さんからの依頼がありました。


実物をスキャンしてCADでトレースします。


ベークライトはレーザーでカットできませんし、真鍮やアルミは当店のレーザーではとてもカットできませんので、とりあえず4mm厚のシナベニヤで一応サイズ確認のためにカットしてみました。


60mmのフィルター用に61mmの内径でカットしました。修理屋さんが言うには1mm直径が大きいのが使い勝手が良いそうです。


これでサイズが合っているようなら、あとは真鍮なりアルミなり適当な金属をどこかで加工してもらえば良いということで依頼された修理屋さんに送ってみましたところ、
「これで十分使える、というかむしろベークライトより使いやすい」
という評価になり、そのままお買い上げとなりました。金属だと相手に傷がつく可能性がありますが、木材ですから力をかけても金属に傷がつくという可能性がほぼないし、大きなサイズだと4mm厚シナベニヤでも十分耐久性があり、少々の事で割れたりしない、ということです。
 困っている修理屋さんが多いので、ぜひ商品化してほしいといリクエストですので、近いうちに販売ページにリストしておきます。
 内径Φ30mm以上Φ80mm未満ぐらいの大きさでご希望の内径指定で製作可能です。価格はそうだなぁ、1500円税送料込みという感じでしょうか。内径は外すフィルターとか鏡胴などの対象物の実測径プラス1mmが具合良いようです。
 






2020年6月7日日曜日

ジムトレーニング3ヶ月

 2018年10月頃から、アブローラーの立ちコロを練習してからもう1年半ぐらいたち、今年の2月からは、アブローラーだけをやっていてもしょうがないなと言うことで、ジムに通い始めたわけです。



 途中コロナの影響で1ヶ月ぐらいお休みになりましたけど、5月の半ばからは営業再開してトータルで3ヶ月ぐらい通っていることになりました。
 トレーニングというのは一体いつになったら面白みが出てくるのだろうか、というのが今の所の疑問で、「まったくこんなしんどい事をやって一体何が楽しいのだろうか?」というのが正直な感想です。それでも毎日休まずに通っているのはやっぱり毎月の会費だろうな。わざわざ毎月8800円を払っているというところが重要で、金を払っていなければとっくに辞めてると思います。払った分ぐらいは頑張って元を引いてやろう、これが私のモチベーションです。
 あとはやっぱり51年も人生をやっているので、「地味で、つまらなくて、しかも苦しいというロクでもない事」を続けられる能力(要するに我慢とか忍耐力だ)がそれなりについてきている。ぶっちゃけ、筋トレよりも仕事のほうが更に楽しくないからな。

 さて3ヶ月で体つきが変わるか?というとそんな事はありません。1年ぐらい続ければきっとなにか結果が多少なりとも出てくるのだろうという淡い期待を持ちながら毎日来る日も来る日もジムに通うのです。とにかく老人になっても自分で歩いて階段を登って、自分の面倒は自分で見るというのが最大の目標ですから、まだまだ20年は続けないといけないという相当な長丁場なので、慌てて無理やり結果を出そうとする必要はないです。

 毎日通うのにはだいぶ慣れました。3日に分けて鍛える部位のローテーションを組んでいます。一週間に2回ぐらい同じ部位が来る感じですね。メインはこんな感じ

1:ペクトラルフライ、チェストプレス(胸の日)
2:ラットプルダウン(背中の日)
3:ショルダー・プレス、リアデルトイド(肩の日)

その他、毎日ダンベルを持って荷重しながらブルガリアンスクワット。あとは気が向けば2日に一度ぐらいバックエクステンションという感じで、一日30分ぐらいです。


どのマシンも100ポンド以下というささやかなウェイトしかかけられませんが、唯一このバックエクステンションだけは突出しております。


なんと200ポンド(約90kg)で、自分の体重の1.5倍だ。
このマシンだけは、1年後に最大重量260ポンド(約118kg)までウェイトかけられるかもしれないという希望の星になっている。

腹筋ローラーで立ちコロを続けてきたおかげで背筋(腰回り)だけは結構なものになっているようです。何でもいいからとにかく続けるということの大切さを実感したのでありました。

2020年5月7日木曜日

ワイヤープランツ

 私の仕事場の建物の隣には同じ作りの建物がありまして、建物同士の間は約1mの狭間になっており、ここが一日に1時間ほど日が当たるだけの薄暗い空間となっております。
 ここが通り道になっているわけではないので、別にどうというわけでもないのですが、放っておくとこんな場所でも雑草が生い茂ってきて、なんとなく嫌な空間になってきてしまいます。
 

2年ほど前、この場所にワイヤープランツを一株植えてみたところ、こんな日の当たらない場所でも思った以上に育つのです。1鉢100円ぐらいだったので、去年は4株ぐらい買い増して植えてみたところ、これまた期待した以上に育ちます。


これは去年小さな鉢に入ったものを2株植えて1年経った状態です。結構ワサワサ増えてます。


これは一昨年に植えた1株が大きくなったもの。

ワイヤープランツは水差しをすれば根が出てクローン(挿し木)ができるということが、どこぞのWebサイトに書いてありましたので、やってみました。


適当な瓶に水を入れて、適当に切ってきたワイヤープランツの枝を差して一週間もすると、


あら不思議、根が出てきます。

これを適当に地面に挿して放っておくと


結構根付きます。これで枝6本ぐらいが1年経った状態です。


これは枝4本ぐらい。肥料をやっていなかったのであまり増えませんが、今年は多少肥料をやってみます。

この挿し木を延々続けていけば、この狭間の嫌な空間がワイヤープランツのグラウンドカバーに覆われて、ちょっとイケてる空間になるかもしれません。ちょっとした楽しみですね。




2020年4月7日火曜日

我らが輝ける逆神「テドロス様」

私も含め今日本中の皆様がCOVID-19で大変な思いをされていることと思われます。

今はどこの国の為政者も、正直何をやったら正解なのかわからない状態ですので、何をやっても必ず反対されて文句を言われてしまうという辛い状態ではあります。今の所、何をやっても結果が吉と出るか凶と出るかは五分五分。

ただその中でひときわ素晴らしい成績を出されている「逆神」という存在があります。逆神というのは、必ず間違えた回答を出すという大変貴重な存在です。要するにこの人が言っていることの逆張りをすれば必ず正解になる、というある意味「神がかった存在」です。

その光り輝く存在は誰であろう?そう、WHO(World Health Organization:世界保健機関
)のテドロス様であります。

ここで我らがテドロス様の名言を並べてみましょう。カッコ内は結果。

「緊急事態は時期尚早」(早く出しておけばよかったんじゃね?)

「ヒトヒト感染は証拠が無い」(人から人感染していますよ?)

「渡航の制限は理由が無い」(世界中で渡航制限していますよ?)

「中国の並外れた対策のおかげで感染拡大を防げている」(世界中で感染拡大していますよ?)

「中国への旅行や貿易を制限しないよう求める」(今は国内でさえどこにも移動するなという状態ですし、中国税関が止まってしまってこっちも困ってますが?)

「中国への渡航制限は必要ない」(中国様でさえ外国人は来るなとおっしゃってますよ?)

「各国は中国の経験から学ぶべきだ」(初期の隠蔽工作を学べと?)

「世界的流行にはなっていない」(どう見てもすでになっているようですが)

「封じ込めは可能だ」(そうだといいなぁ)

「とにかく検査、検査、検査。疑わしいケースは全て検査しないといけない」(それやって医療崩壊している国があるようですが?)

「渡航制限措置は何の効果ももたらさない」(いや、だからもう人の移動を制限しないと、、、)

「マスクは不十分」(ちょっと何言ってるのかわからない)

「過去3カ月にわたり台湾から人身攻撃を受けた」(もはや精神科医に診てもらうべき被害妄想とか虚言癖)

現状Covid-19をうまく封じ込めているのは、WHOからハバにされている台湾で、ここが世界中で一番うまくいっているようなのですが、これは一体何なんだろうなぁ。状況を見るとWHOって、ことCovid-19に関して言えば世界に必要がない組織に見えてしまうのは私だけ?
「お前たちは一体何の分際で上座に居座ってやがる」
もう解散しまえとまでは言わないから、お願いだからこの騒ぎが収まるまでそのあたり端っこの下座で、ひたすら何もせずに大人しく茶でも飲んでいてくれないかな?そんな感じです。

ただ、このテドロス様が言っていることの5割ぐらい当たっているとなると、これは一番始末悪いのですが、ほぼ100%間違っているというのが逆神の逆神たる圧倒的素晴らしい存在意義です。

要は、我らがテドロス様の言っていることの逆をやればもう完全に間違いないです。
だからみんな、政府が配る布マスクでも自作でもいいからとりあえずマスクして、人混みに近づかないようにしよう、そうしておこうな。

2020年2月22日土曜日

トレーニングジムは、最初はジム通う練習から

アブローラーを続けて1年3ヶ月ぐらいでしょうか。


 これだけをやっていてもしょうがないだろう(やらないよりは100倍マシだけど)、そろそろまんべんなく筋力・体力をつけてみる時期に来たのではないか、ということでトレーニングジムにひとつ通ってみようかと思って、先週会員登録をしてきました。


 どこかで聞いた話なのですが、トレーニングジムに入会した人のうち8割は続かないそうです。わかる気がします。
 多分どこのトレーニングジムも入会特典があると思うのですが、要は「入会金と事務手数料が無料」だけど6ヶ月ぐらいの縛りがある、そこにトレーニングジムの利益のからくりがあると予想されます。じゃんじゃん特典をつけても新規会員をどんどん集めて6ヶ月分のジム料金で利益を得る。2割しか残らないんだから、よほど事がない限りジムの収容人数を超えることはありません。

 ジムの方は商売だからそれで良いとしてもだ、問題は会員である私の方だ。6ヶ月以上続けられる2割の方に入らないと意味がないわけです。でも、数字が示しているように続けるのは実際のところ簡単ではないです。ただでさえ時間がない人間に、さらにジムに行く時間をひねり出させるわけですから、難しいに決まってるんだよ。

 そこで私は考えた。
 毎日郵便局に行った帰りに通える場所にあるトレーニングジム。わざわざ通うというのはきっと続かない。


 職場(1)と郵便局(2)の道沿いにはジムがないので、仕方がないので3の場所にあるジムを選択した。これなら郵便局の帰りに寄り道ぐらいの感覚で通えるんじゃないかな。

 次なる作戦は、1回のトレーニングは20分ぐらいしかやらない。それ以上は絶対にやらない。
 平均1時間ぐらい運動するらしいですけど、着替えとシャワーとジムの行き帰りを考えると2時間になる。そんな時間をひねり出すのは正直無理。そんなの私は絶対続かないです。
 トレーニングは軽く20分。大急ぎでシャワーと着替えを済ませれば30分、そして10分の移動なら1時間を超えることはありません。シャワーを浴びてしまえば、家で風呂に入らなくてもいいから晩の30分という時間が短縮されます。

 そして平日は毎日行く。要は、しばらくはジムに通うという練習をする。毎日のスケジュールに無理やり捻り込んで習慣化する。

 トレーニングジムは身体を鍛える場所ではなく、まず何でも良いから1年ぐらい通い続ける場所である、そういう違ったアプローチでやってみたいと思います。


芸術的なシンクロムービーの世界

Youtubeを見ていると、たまにとんでもない「おすすめ動画」が出てきます。

今日出てきたのはこれ



「エアロビ笑点」
 全米エアロビクス選手権の動画に勝手に別の音楽をつけてシンクロムービーにしてしまうという、恐るべきアイデア。
 しかもこれが実に驚くべき精度でシンクロしているから驚きです。
 爽やかな笑みを浮かべながらエアロビをするギターソロの部分は、そのシンクロ度合いに唖然とし、最後に司会者が出てきて「山田くん、ざぶんとん2枚~」の部分でオチをつけて完成。もはや芸術的と言って良いでしょう。




同じ作者のこれもまたお見事。
【シンクロムービー】8時だョ!全員集合 × インド映画




日本の動画にシンクロさせたものもある。
【シンクロムービー】TRF × いなかっぺ大将 (ダンスエクササイズ)

うちのかみさんがこれを見て、これはもともとこういうものでしょう?と言い放った完成度の高いシンクロ。
 誰かがコメントに書いているように、これはもう東京オリンピック公式盆踊りとして正式採用してもいいレベル。



【シンクロムービー】ビックカメラ (インド映画 × 家電量販店)

 これはビックカメラがCMとして本気で流すべき。これがCMで流れたら、私は間違いなくヤマダ電機ではなくビックカメラに行きます。

 ここまでバカバカしくも見事に芸術的なシンクロムービーを見ていると、小さなことにクヨクヨしたり悩んだりするのは、もうどうでも良くなる。人生というのはなるようにしかならない、そんな達観した気分にさせてくれる素晴らしい動画でした。

 ただ著作権は微妙かと思いますので、そのうちに消されるかもしれません。見るなら今だ今、グズグズするな。