2017年4月22日土曜日

なかなか不思議な親子関係

配偶者の仲の良い友達(インドネシア人に嫁いだ日本人女性)というのがバリにいて、その息子が去年から名古屋の大学に留学してきているのですが、この親子関係というのがなかなか不思議なものでして、何が不思議だというともう異様なぐらいベッタリしているんです。どれぐらいベッタリしているのかというと、母と子で手をつないで歩くぐらい日常、というぐらい。私などこの時点でゲロ吐きたくなるんですけど、まあ別にそれは良いですとしましょう。

昨晩、その息子がウチに遊びに来たのですけど、夜遅くなると母親がバリから「最終のバスと地下鉄が何時だから、神沢駅(ウチの最寄りの地下鉄駅)を何時に出ないと」とか何とか、延々とキンコンキンコンとウチの配偶者にメッセージが入ってきて、大騒ぎなんです。最終バスを逃したら最寄りの駅から歩けば良いだろう?10分ぐらいのことだぞ。電車に乗り遅れたらウチに泊まれば良いのではないだろうか?それでも帰りたければ、歩いて帰れば良い。2時間ぐらい歩けば帰れるだろう。良い運動になるぞ?20歳近くになるような男なんだから、そんなの放っておいてやれよと、私なんかは思うのです。
その息子に「いちいち小うるせえんだよ、ババアは少し黙ってろ」とメッセージ送って黙らせてやれ(笑)と、半分冗談でけしかけてやったら
その息子、顔面蒼白で「お母さんにそんなこと絶対に言えない!」と、本気で言ってました。ウチの配偶者も「〇〇さん、そんなこと息子に言われたら、泡吹いて倒れてしまう」と本気で心配しています。「おいおい、君たち、、、」言葉を失う、というのはこういうことだ。

親子関係というのは、まあ他人が立ち入るものではないし、文化の違いもあるし、お父さんお母さんを大切にしましょうというのは、決して間違っている事ではありませんが、普通日本でもこういうものだろうか?私だけ違うのだろうか?自分の方がちょっと心配になってきました。
バリ島にいる母親から、名古屋の交通機関にあれ乗れこれ乗れと遠隔操作されている二十歳ぐらいの若い男よりも、
「ゴチャゴチャうるせえんだよ、もう口を動かすなこのババア!テメーの心配でもしていやがれ、ゴラァ!」
ぐらいにポンポンと威勢の良い啖呵が切れる男児の方が断然頼もしく、「若者らしく元気があって大変よろしい」と私は思ったりするんですよ。
母親の方も言われっぱなしでなくて
「テメーみたいな役立たずの小僧が偉そうなことを言うんじゃねえ。一端に金を稼いでから物を言え。オメーみてえな消費専門は社会の穀潰しって言うんだよ、食うことだけは一人前のバカヤローが!」
と言い返せば良い、俺が許す。その方が人間関係に緊張感があって良いだろう?
なのでこの若者を見ていると「こんなベッタリとダラダラしていて、お前ちょっと大丈夫か?」と思ってしまうのですねぇ。男は食うか食われるかの世界を孤高に生きるオオカミになるぐらいの気概を持てよ。20近くになってまだ乳離れ出来ねえってのはなぁ。
私は自分の息子が(いませんけど)こうだったら、ちょっと、いやかなりイヤだなぁ、まあそんな感じです。

2017年4月18日火曜日

マリーナの仕事 2

先日作ったレジャーボートのフロントカーテンを納品して、次はあるのかな?と思っていたら、2件入りました。別のマリーナからも依頼をいただき、昨日(4月17日)、一気に2艇分の採寸をしてきました。



マリーナというのは、曇っている天気がまったく似合わないということを実感したのでした。



1艇目。フロントのカーテンだけではなく、サイド、リアの4面のご依頼をいただきました。

先日納品したフロントカーテンは「サイズはピッタリですよ」気に入っていただけたようで、しかも「随分とお値打ちでした」という、あまり聞かない言葉もいただいたのでした。カーテン1枚縫うくらいでこれ以上請求したら罰が当たるだろうと思って恐る恐る請求書を送ったのですが、一般的にはもっと高い物のようです。



この前と同じですがフロントウィンドーの採寸です。
前回はカーテンの取り付けはメカニックさんがやってくださったのですが、こちらのマリーナはもう取り付けまで業者がやるのが当たり前ぐらいの雰囲気です。「ちょっとそんなのやったことがないのですが?」というのは通らなさそうです。私のような素人が壁にボコボコとネジ穴を開けるのも大変気が引けるので、マグネットで何とかしようかな?と考えています。



サイドのカーテンを採寸。船というのは微妙に左右対称ではないらしいので、一応両サイドの採寸をいたします。



リアのカーテンはレールをつけるしかなさそうです。

要するに、今回4面ですよ。取り付け費用もいただけるとなると、結構な、、、。この仕事がゴロゴロ入ってくるようなら、ウチの主業務の軸足移す事を本気で考えても良いなぁ、、、笑





昼からは別のマリーナに行って、2艇目の採寸をします。



この艇、何か新しいよね、、、新艇か?
こちらも4面のカーテン製作。このマリーナはメカニックさんがついているのですが、「取り付けまでやってくれるのなら、それでお願い」ぐらいの感じです。これも私のような素人が変なところに穴開けたりしたら、新艇にミソがつきそうでイヤですねぇ。この船はマリーナの所有しているものなので、そんなに気を遣わなくても良いぐらいの事をいっていただきましたけど、やっぱり新艇ですから気を遣いますよ。



備忘のために写真を取ってくるのですけど、RX100IVだと画角が狭いね。パノラマモードで無理矢理撮ってますけど、もうちょっと画角が広いカメラを持っていかないといけませんなぁ。

とりあえず今回8枚のカーテンを作ります。
色々な仕事が出来るようになると、食いっぱぐれがないです。カメラ業界は10年後にどうなっているのかわかったものじゃないので、全然別業界ですが、こういう仕事はなかなか良いのではないかなと思うのでした。



マグネットでカーテンを留めるとなると、船体の壁に鉄板を貼れば良いとか言われましたけど、それはちょっとかっこ悪いので、何か多少見栄えの良いものを作ってやることにします。



裏側にマグネットを入れて、とりあえず3mmのビスが打てる、こんな感じの物体でしょうか。これを3Dプリンターで作ってみます。





まあ、こんなものが3Dプリントですぐに出来上がるわけです。



裏にネオジムマグネットを仕込みます。これを船の方の壁に固定して



カーテン側にマグネットを仕込めば、まあきっと上手く行くのではないかと思います。


2017年4月1日土曜日

マリーナの仕事

ウチの隣にあるダスキンさんが、マリーナの仕事を請け負っていて、それをやらないか?というお誘いがあり、ちょっと手をつけてみることにしました。
以前も書いたことがあると思いますが、カメラ市場は完全な縮小傾向で、10年後は今よりもずっと侘しいものになっているという私の予想です。この予想が実際に10年後にどうなっているかどうか、そんな未来のことは誰もわかりませんが、実際問題として、そういうふうに考えて今後の人生計画を立てる方が間違いがないです。「いつまでもあると思うな親と金」ではなく、「いつまでもあると思うな仕事と金」というのが厳しい世の中を生き抜く金言で、なくなってから慌てたって遅いんです。大概、世の中の食えてない人を見るとそんな感じで、「あの時は随分と儲かって景気が良かった」なんて話を聞かされます。あの時ってのが大概バブルの頃なんですけどね。「なぜ余裕のあるうちに次の手を考えなかったのか?」と聞くと、あの景気がずっと続くと思っていた、ぐらいの答が一様に返ってきます。これまた相当にお目出度いというか、諸行無常という万物の真理をまったく理解していない、だからあなたはダメなのだと、まあそういうことですよ。

行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

そういうことは中学校で習ったはずだぞ?英語でも同じで、Things Change だ。



マリーナの仕事と言っても、いきなり難しい事は出来ませんので、まず簡単なことからやらせていただくわけで、とりあえずカーテンを作ってくれよ、ということで、そういうことからはじめます。



マリーナというところにまったく縁がなかった私ですが、船ってこんなにたくさんあるのだと感心したのでした。これぐらいのサイズだと、1艇が新品で3~4000万ぐらいするんじゃないかな。そんなのが八百屋の野菜みたいにゴロゴロとそこら中に転がっています。



さらに驚いた事に、マリーナというものが愛知県内だけでも結構存在しているということです。Google Mapでザッと見ただけで、こんなにもあるのか!?



私もまったく知りませんけど、フロントガラスの内側にカーテンをつけたいもののようです。どうしてフロントガラスの内側にカーテンをつけたいのか?なんて、そんなこと俺が知るわけないし、どうでも良いです。やれと言われたら「イエッサー!(Yes Sir)」。「飛べ!」と言われたら「どれぐらいの高さですか?」(When I say JUMP!, You ask How High?)と答える、要するに金を支払っていただけるんですから余計なこと考えず、つべこべ言わずにやります。それが仕事ってものだろう?



フロントガラスのデータが用意されているわけではないので、あまりスマートな方法ではないけどこんな感じで実寸を測ります。
これぐらいのカーテンを作るぐらいなら大した仕事ではないです。

そのうちに徐々にレベルアップして、オーニング(船体を覆うテント地のカバー)をやって欲しいのだそうです。
というのは、マリーナのこういう仕事は業者が圧倒的に少ないらしいのです。仕事はたくさんあるけど、業者は少ない。実に狙い目の業種です。
ただ、業者が少ないのにはちゃんとそれなりの理由があって、マリーナの専業では食って行きにくいのです。何と言ってもシーズンものだから、夏は集中するけど冬は仕事がないとか、まあそういうことです。そこのマリーナに出入りしている業者さんも、ほとんど副業でマリーナの仕事をやっている、そういうもんだそうです。ウチは夏が割と暇だからちょうど良いんですけどね。

ダスキンさんが言うには、俺(ダスキンの親父さん)はもう70歳だからいくらも続けられないんで、カーテンとオーニングだけではなく、船内のシート(椅子とかソファみたいなもの)の作り替えも、出来そうならそのうち頼む、って話ですけど、オイオイいきなり話が大きくなっているな(笑)。

まあ何にしろ、船を持つなんて大変な金がかかることをされている富裕層相手の商売ですので、ギャラはなかなか悪くないという話です。まあ色々な世界があるものだと、50歳手前になって知らないことも多いものだと実感するのでした。

2017年3月16日木曜日

シャッターリボン 再入荷

シャッターリボンは特注しているというネタを以前投稿いたしましたが(リンク http://aki-asahi.blogspot.jp/2017/02/blog-post_13.html)、やっと出来上がってきました。



材料を手配して、それを黒に染めて糸を作って編んでいくという工程のようで、5000メーターを狙って材料を手配するというなかなか難しい事をされているようです。なので5000メーターを頼んだら5000メーターがキッチリ出来てくるというわけではなく、それより短い場合もあるし、超過することもあります。少ない場合でも、前払いした金額は戻ってこないので、1000メーターぐらい超過はかまいませんし、超過した分は追加で払います、とそういう契約で作ってもらっております。今回は500メーター超過ですので、5500メーターのシャッターリボンが出来上がりました。



これで約1000メーター。なかなかの量ですよ。一体何台の横走りフォーカルプレンシャッターを修理出来るのでしょうか。ライカのシャッターリボンと同じ織りで作ってあります。

再販いたしました。販売ページはこちらです。
http://aki-asahi.shop-pro.jp/?pid=76111781







2017年3月15日水曜日

Konica Hexar RF用モルトスポンジの採寸

大変なご注文ラッシュが続きましたが、やっと今日は一段落をしましたので、ずっと借りっぱなしになっているHexar RFの遮光スポンジの採寸を行って参ります。



懐かしいカメラですね。発売された当時、ライカレンズが使えるカメラとして大変な評判だったです。現在でも結構な人気があると言うことです。



遮光スポンジの形状は、直線と円弧ですべて描けてしまうもので、特に難しいことはありません。



ザッと10分でデータ描きましたので、これをカットして、現物に合わせてデータを修正していきます。



現物に合わせてみます。



ちょっと合ってない部分を直します。


この部分からよく光漏れを起こします。なかなか厚いモルトスポンジが一般的に手に入らないので、うちのような業者が重宝されると、そういうことです。



まあ、ここまでピッタリなら良いでしょう。
この部分も、直線状のモルトを曲げて貼りつけるよりも、こういうZ字型の形状にカットして貼りつけた方が、何と言っても気分が良く、満足感が高いです。



モルトスポンジの採寸が一段落したところで、貼り革の採寸もやっていきます。
ご多分に漏れず、最近のカメラに良くあるラバーグリップですので、べたついて困っていらっしゃる方も多いことでしょう。



ラバータイプの良いところは、両面テープで貼りつけてあるだけなので、難なく綺麗に剥がせるところです。



ただラバータイプは成形が自由ですので、こういう立体になっていたりして頭を抱えたくなる、事も多いです。

以前なら諦めてしまうところですが、今は3Dプリンターというものがあります。この部分にちょうど埋まるようなものを作ってその上から革を貼ってやる、そういう方向で進めていきます。



見づらい画像ですが、相手側は三角柱みたいな立体です。
恐らくラバーグリップが動いてしまわないように、止めの役割でこういう形状にしてあるのだと思います。





2017年3月10日金曜日

一年で一番忙しい時期

昔から商売は2、8が悪い、要するに2月8月の売り上げが悪いと言われます。私が20年以上前にスナックでバイトをしたときも、確かに2月8月はピタッと暇でした。恐らく2月の消費が冷えるのは、正月でお金を使ってしまったから2月は財布の紐を締めるとか、2月は寒い時期なので外出しないとか、8月はレジャーで使ってしまうので、他に金が回らないとか、そんな感じなのだと思います。

当店の場合は、それとはちょっと違って、2月3月は一年で一番忙しい時期となります。手間のかかる仕事は「すみません、すみません」と断っているような状態です。これはなぜなのだろう?と思いますが、恐らく寒い時期に外で金を使わないので、家で通販でもポチるか、という理由なのではないのかな?という気がします。確証はありません。私がそう思っているだけです。

そして、ゴールデンウィークあたりから暇になって、8月なんかまるっきり暇、それが続いて11月頃から盛り返してくるという、そんな感じです。

やっぱり通販というのは、お客様が家の中に長時間いる時期が流行る、そういうものではないのかな、という気がします。

忙しいのはなかなか辛いですが、暇よりも100倍マシですけどね。

2017年2月24日金曜日

私も詐欺に引っかかる可能性がある

世の中、色々とオレオレ詐欺やら様々なトリックを使った詐欺が横行しておりますが、これだけ騒がれているのに、なぜ未だに引っかかるおめでたい奴がいるのか?と不思議に思ったことはありませんでしょうか?

私の同級生が刑事をやっておりますが、その刑事が
「お前らでも普通に引っかかるぞ?」と、一度注意してきました。とにかく詐欺をやる方の技巧は日々切磋琢磨して進化しておりますので、誰でも普通に騙される可能性があるのだそうです。

「俺だけはそんなものに引っかかるほどのアホではない」とか妙な自信を持っちゃっているのが一番危ないです。

実は今日、友達からこんなLineメッセージが来ました。









おいおい、80000円って、何かの間違いではないか?
しかも金を寸借したいみたいなことを言っている割には随分と態度がでかいねぇ。おかしいのではないか?と友達にTELしてみたら、「Lineアカウントを乗っ取られた!」、という事でした。
引っかける方が、8万円とか欲の深いこと言っていたので助かりましたけど、これが3000円とかそれぐらいでしたら、「ちょっと待ってろ!」とコンビニに走ってしまっていた可能性が大です。

要するに
8万円とかいきなり大きく出ずに、5000円以下ぐらいの少額
人にものを頼む時の態度で、寸借をお願いする
この2点をクリアしていたら、私もたぶん騙されていたということです。恐ろしいことですね。あなたも「私だけは大丈夫」とか思っていると、思わぬところで引っかかるかも知れませんよ。お互い気をつけましょう。