2019年3月24日日曜日

ケトルベルの改造

ケトルベルというトレーニング器具がありまして、最近流行っているようです。



どんなものかというと、上のように文字通りヤカンみたいな形状のオモリです。
取っ手を掴んで振り回したり持ち上げたり、結構いろいろなトレーニング方法があります。やり方のバリエーションがあって、ダンベルに比べて面白いのです。トレーニングなど基本的に非常に単調で面白くもなんともない作業ですから、ケトルベルのように多少でも面白みがあったほうが続きやすいというわけですね。なんかこのユニークな形状を見ているだけで、なんとなく振り回したい気分になる、流行るのもわかる気がします。



問題は、慣れてくると重いものが欲しくなるのでだんだん増えてくるのです。
いつの間にか、7kg、9kg,11kg(x2個)、14kg、18kg(2個)という合計7個ゴロゴロさせている状態です。私が増やしてしまうぐらいですから、要するに値段が安いのです。



Amazonだと値段の上下が激しいのですが、先日18kgを2500円で買いました。その他の重量もだいたいそれ以下ぐらいで買ってます。
軽いものを処分したりはしません。軽いもののほうがあっている種目もあるのです。



ケトルベルの一番簡単で手っ取り早いというか基本のやり方がスイングというもので、上のビデオのように振り回す種目です。朝晩120回ぐらい振ります。1分で40回ぐらい振れますので3分ぐらいでしょうか。時間的には短いですが、簡単そうな見た目よりはきつく、足腰の鍛錬にかなり効果的です。
ちょっと慣れてくるとすぐに100回超えてしまいます。100回というのは数えるのが面倒になってくるので、150回ぐらい難なくできるようになったら、回数を落とすために一段重いケトルベルを買ってくるという繰り返しになります。

しかしながら18kgより重いものになると24kgぐらいになるのですが、これが一気に値段が高くなって6500円ぐらいの値段になってしまいます。別にこれでも高くないと言えばそれまでなんですけど、またそのうちに今度は32kgが欲しくなるとか、そういう話になるので18kgのケトルベルを改造して増量してやることにしました。



じゃーん。
1個200円という値段で近くのブックオフからサルベージしてきた2kgのダンベルを2個くっつけてやる。これで22kgだ。



ケトルベルのボディにM8のネジ切りをして、ダンベルにも穴を開けてM8のボルトで固定してやっただけのことです。見た目は悪いけど、スイングをやるだけならこれで充分役に立ちます。



200円という値札が眩しい。

実は300円で5kgのダンベルを更に2つ買ってあるので、5kgに交換すれば28kgのケトルベルに早変わりする。おそらく工夫すれば32kgまで増やせると思います。32kgでも重量が足りないということになったら18kgのケトルベルを2個でやる、これで36kg。そうなるのは流石に1年ぐらいは先のことだろう。そのときには2万円ぐらい払って40kgを買い足しても悔いはないです。それ以前に40kgのケトルベルを軽々とスイングさせている自分というのを、現在では全く想像ができません。



30分の作業でこれ以上ケトルベルを増やすのをしばらく防げたわけで、とりあえずめでたしめでたし。

2019年3月9日土曜日

公園の変化

昨日、鉄棒で懸垂をやろうかと思って近くの公園に行ったら、驚くべきことにその公園には一通りの自重トレーニング器具が揃っていました。私がイメージする公園に設置されている器具というのは、大概がブランコ、ジャングルジム、シーソー、鉄棒などの子供向けのものですが、この公園は違う。

懸垂はもちろん、腹筋、ディップス、レッグレイズ、背中のストレッチ、バランス取り、足つぼマッサージまであって、まさに至れり尽くせり。私が持っていた公園のイメージと少々違うものです。


懸垂、レッグレイズ、ぶら下がり


ディップス、懸垂


足つぼマッサージ


腹筋


背中のストレッチ


バランス取り

ここは割と大きな団地の真ん中にある公園で、住民の高齢化が進んでいるので、住民の健康維持とかの配慮なのだろうかと想像したのですが、器具に表示されているElwellという名前をGoogleで調べてみると、ありました。

高齢社会が現実となった今、介護予防という考え方が重視され、誰もが気軽に利用できる場所で、体力の維持・向上に取り組める環境が求められています。その結果、身近な「公園」に、円熟世代向けの健康増進スペースを設けたい、というニーズが増えています。
まさに私が想像したとおりらしい。
ちなみにお値段は以下の通り(リンクあり)。

591,840 円(税込)

419,040 円(税込)

個人で買うものではないのでそれなりの価格ですが、そんなに高いものでもないのだなぁ、という印象ですね。

公園というのも時代に連れ、対象利用者によって変化しているものなのだなあ、と感慨深く思ったのでした。何と言っても子供よりも老人の数のほうが断然多いのですから、当然なのかもしれません。

しかしながらこれらの公園の器具で懸垂をしたりディップスをやったりするようなシニアがどれぐらい存在しているのでしょうか?うちの親父(80歳)は絶対やらないと思う。
ただ、私(もうすぐ50歳)ぐらいの年齢は、今からこれらの器具でトレーニングをしておいたほうが良いと断言できます。70ぐらいになって公園でバリバリ懸垂をしたり、ディップス、更にマッスルアップ、フロントレバー、プランシェなどの大技をグイグイ繰り出せば、間違いなく公園の人気者になれますよ?婆さん連中にモテモテの老人になれるのは間違いありません(笑)。

2019年3月4日月曜日

懸垂台(チンニングスタンド?)

懸垂トレーニングも1ヶ月過ぎて、おそらく数カ月は飽きずに続けられるだろうと思い、せっかくだから懸垂台(チンニングスタンドというのだろうか)でも探そうとAmazonを物色していたら、ドアジムとでも言うのでしょうか、ドアの枠に引っ掛けて懸垂をやるための道具が中古で600円送料込みというヤケクソ価格で売っているのを発見しました。


新品定価でも1800円ですから、もともと高いものではありません。しかし中古とは言え600円なら迷う必要はありません。早速入手しました。
49歳にもなって数百円のものを買って「得した!」って喜んでいるのですから、中学生並みの金銭感覚だと思います。

うちにはこれを引っ掛けられるような丈夫なドア枠がありませんので、これを流用して懸垂台を作ることにしました。いつものとおりですが、隣のデッキ工事屋から木材をガメてきます。材料費は600円だけです。昼休みに頑張って作ります。


そして出来上がったものがこれ。やっつけ仕事ですので強度は少々不安ですが、後ろのフェンスにガッチリ番線で固定してありますので、ガタツキはほとんど無く、かなり安定しております。雨ざらしでも2年ぐらいは使用に耐えるのではないかと思われます。
手前の黄色いのはディップススタンドです。これは4200円も出して買いました。


高さはぶら下がり健康器としても使える程度の高さにしました。
もうちょっと腕の力がついたら、逆さ吊りもやったみたいと思います。


もちろん懸垂も充分いけちゃいます。


ここまでグイッと引っ張り上げてもガタつきません。


そして何と!肘掛けもつけたので、レッグレイズもできてしまいます。
レッグレイズはすごくきついとか書かれていましたけど普通にできました。アブローラーを4ヶ月もやっていると、それなりに腹筋がついているようです。ただふくらはぎの筋肉がかなり張ります。

15000円ぐらいの懸垂器を買おうかと思っていたところ、600円で何とかなってしまったので大満足の結果となったのでした。めでたしめでたし。

あと4ヶ月もすればまた夏になる。今年の夏は去年みたいに強烈に暑いのでしょうか。それまでに体力をつけて夏を乗り切りたいとおもいます。

2019年2月28日木曜日

49歳のアブローラー 4か月

70歳、80歳になっても自分の足で歩いて階段を登るため、50歳から頑張ろうではないか、というささやかな努力の続きです。


2018年10月29日からアブローラーをはじめて、4か月経ちました。

アブローラーはとにかく腰の負担が大きく、腹筋は割と早く鍛えられるのですが、腰辺りの筋肉(?)が追いついてこないです。無理をすると腰を痛めるので、2月からは2日に1度に減らして、そのかわりにアブローラーと交互に懸垂の練習をはじめました。

皆さん、懸垂できますか?私は順手でも逆手でもたったの一回しかできませんでした(2月はじめの時点)、何とか1ヶ月懸垂の練習をして順手4回、逆手6回ほどまでできるようになりました。どちらも肩幅でのナローグリップです。ワイドグリップで懸垂をしようとしても、まだピクリとも動きません。こちらも相当な長丁場になりそうです。

アブローラーを始めた頃は、3ヶ月先とか絶望的に長い時間と思いましたが、もうすでに4ヶ月です。
4ヶ月で体の変化はどうかというと、腹筋は割れてませんし、腕なんかネギみたいに細いです(笑)。全体的に贅肉が減って締まってきたなという程度です。

割と鍛えてるんですね、というレベルになるには少なくとも1年はかかるのではないでしょうか。
今更マッチョになろうとか大それたことを目論んでいるわけではないのですが、彼らは何年もかけてトレーニングというひたすら地味で大して面白みがない作業を、延々と飽きもせずに続けてきた結果なのだろうなぁ、と思います。だから尊敬されるわけです。


2019年2月27日水曜日

大阪人を見習え

ふとYoutubeのトップページにこんなのがおすすめ動画として入っていて、見ていたら大笑いしてしまいました。



見た感じいかにも極道者みたいなオジサンと、行政書士のオジサンのやり取りです。
念の為ですが、私は別にこの極道者みたいなオジサンを糾弾したいとかそういうことではありません。

最初はかなり険悪な雰囲気のやり取りなんですが、途中から何故か「お前たち実は仲良しだろう?」という感じになってしまうというか、「これは実はコントなのか?」というやり取りになってしまいます。仏頂面で通していたドライバー姉貴さえも最後は笑いをこらえてる感じが見て取れます。
実に大阪人のやり取りというのはすごい。普通だったら本気で殴り合いの喧嘩になって警察沙汰になりかねないような雰囲気なんですけど、どこか微笑ましいというか私は腹を抱えて大笑いしながら見入ってしまい、この極道者のようなオジサンもどこか憎めないなぁ、と感じてしまったわけです。

極道者でもこれですよ?
私の経験ですと警察も同じです。一度大阪の路上で警察に止められたことがありました。違反が起こりやすい場所ですので、私の前に走っていた車両も止められたわけですが、そのドライバーと警察官のやり取りがまるっきり漫才。私はこみ上げる笑いを止めることができませんでした。そして次に私の番になるわけですけど、暗に警察官が「なんかお前もオモロイこと言えや」という雰囲気で、とっさに面白い返しができない私は非常に困ったのでした。「なんかお前もオモロイこと言わんと違反切符切るで!」という感じでどんどんツッコミを入れてくる大阪の警察官。ボケが全然できずしどろもどろになる私。
「そんなこと言ったって、大阪人じゃないんだから咄嗟に切れの良いボケが返せるかいな、このアホンダラ!」と言ったわけじゃないけど、、、最終的には
「まあ他県人だからしゃあないなぁ(オモロないやつだ)」
という感じで放免してもらいました。

刺すか刺されるかという抜き差しならぬ状況でも笑いで切り抜けていく、この知恵は実に素晴らしいと思ったのでありました。

2019年1月31日木曜日

古いパイプのレストア Jeantet Blason

私のささやかな趣味である、古いパイプのレストア。送料込んで1500円で収まるような古くて、ボロくて、もともと安物。そういうものをオークションサイトやらフリマサイトで入手してきて、外も中も綺麗にして、気分良くタバコが吹かせる状態にする、そういう実に安上がりな趣味です。

いつの間にか何十本と増え続けてしまい、数えるのも嫌になってきました。でもせっかくなので気が向いた時に、レストアしたパイプをここに載せていきたいと思います。

今日は、Jeantet(ジャンテ:フランス製)のBlasonというグレード?。フランス製のパイプは庶民向けのラインアップが多いらしく、もともとの値段が高くないし、ChacomとかButz Choquinとかタマ数が多いフランス製パイプは今どきヤフオクで1000円ぐらいで結構転がっています。フランス製でもJeantet とか Roppとかのメーカーは日本にあまり入ってきていないのか、ChacomやButz Choquinほど見かけませんが、出ていても高いわけではないです。
これは送料込んで1400円ぐらいで入手しました。



ボウルトップが焦げていたり、矢印部分に穴が空いていたりして、もうボロボロです。
ボウル内部にはカーボンがゴッテリ乗っています。前のオーナーはこんな状態で吸っていたのでしょうか?きっとそういうことなのでしょう。
この状態で1400円は割高のような気がしますが、こういう形状のパイプ(ダブリン?)が欲しかったので、値段に関しては我慢できる範疇です。



ボウル内部をサンドペーパーで、カーボンをきれいに取り除き、穴が空いている底の部分に耐熱パテを盛ってやります。壁が焦げていなかったのが幸いです。



内部を洗浄して、外部もサンドペーパーで気長にこすり、カルナバワックスで磨き上げれば、なんとも素晴らしいパイプに生まれ変わりました。
マウスピースの曲がりがきつかったので、熱で炙って緩いカーブにいたしました。



木目が全体として上に向かって広がっているタイプでなかなか美しいです。こういう木目どりしたブライヤーブロックはPlateauと呼ばれているのかな、値段が高いです。







全長約134mm、チャンバー口径約18mm。割とこぶりなパイプです。
元が何ともなっていないようなボロボロのパイプがきれいに蘇ると、実に満足感が高いです。これであと50年は充分使えそうなものになりました。



古いブライヤーは、新品にはない実にまろやかな味わいで、この柔らかい味が古いパイプの良さというものかもしれません。
1000円やそこらで大きな満足感を得られ、焦がさなければ一生使えるという、中古パイプというのは実に良いものです。

2019年1月30日水曜日

49歳のアブローラー 3か月

70歳、80歳になっても自分の足で歩いて階段を登るため、50歳から頑張ろうではないか、というささやかな努力の続きです。


2018年10月29日からアブローラーをはじめて、3か月経ちました。
1月の目標は「立ちコロに慣れる」ですが、立ちコロだけを1か月やっても何とかやっている状態です。実質3,4回ですよ?まだ腰が全然弱いんだよね。
腰を痛めてしまっては本末転倒なので、無理せずゆっくり慣れていくという感じでしょうか。

3ヶ月で腹筋をバキバキに割るとか、そういう謳い文句で釣ろうという煽り文句をよく見かけますが、49歳のオジサンはこの程度では割れませんね(キッパリ)。3か月やって、体がなんとなくちょっと筋肉質になってきたかもしれないかな?という程度です。

何十年もの間、運動とかトレーニングを一切やってこなかった人間というのは、実際のところ子供並みの体力だということがよくわかります。現状、腕立て伏せ15回~20回できる程度、懸垂など1回できるかどうか、という具合で自分でも驚きのダメさ加減です。