2024年7月7日日曜日

芝生の手入れ事始め

 


現在住んでいるマンションの南側には草が生えているスペースがあり、住民とはいえここに勝手に植物を植えたりしてはいけません。ただ暖かくなるにつれて草茫々になります。
6月頃に自治会の役員さんたちが草刈り機で草刈りをやってくれたのですが、一ヶ月もするとまた草が伸びてきてこのような状態です。次はいつ草刈りをやるのかわかりませんが、毎月やってくれるものでもないでしょうから、いつになるかわかりません。自治会も住民から選出されているものですから「毎月草刈りしろよ」とか無理を言えるものではありません。
夏になるとここに虫がやってきて住み着き、一階に住んでいる私は結構悩まされることになります。何とかしたいところですね。


生えている草は雑草ではなく一応芝生のようですので、手押しの芝刈り機というもので何とかなりそうです。Youtubeで芝刈りの動画を見て調べてみるとキンボシというメーカーのものが評価が高いようですので、数回のみ使用という中古品をフリマサイトで購入してきました。
キンボシ(Kinboshi) 【日本製】ゴールデンスター 手動式芝刈機ハッピーバーディーモアー GSB-2000H
送料込み9800円でした。新品が15500円ぐらいで販売されているので、あまり安くもない気がしますけど面倒なので言い値で購入しました。値段交渉して9000円に負けてもらって800円安くなったとしても、大して嬉しいことでもないです。
この手の芝刈り機は刃研ぎができるようです。Youtubeにやり方の動画があるので、見まねで刃研ぎをして新聞紙一枚もスパッと切れるぐらいに研ぎました。Youtubeには何でもあって感心します。


手押しの芝刈り機を使うにしては少々広いようですし、この手の手押し芝刈り機は長く伸びてしまった芝は非常に狩りにくいですが、根気よく押して刈り続けると短くはなりました。
雑草が混じってはいますけど元々は芝のようです。

調べてみますと、一度長く伸びてしまった芝を刈っても、その年はきれいな芝にはならないようです。
しかもきれいな芝を育てるのは、春の頃から根切りをしたり、サッチングという作業をしたり、砂をまいたり、微生物や肥料、除草剤を撒くなどの作業をして手間を掛ける必要があるようです。そんな面倒な事をみんなやっているのか、、、本当にそこまでやる必要があるのか?と気が遠くなります。私は到底やりきらないと思います。

それでも熊手(レーキ)と刈バサミの安いものを購入してきました。



枯れた芝をかき集め、草刈り機が刈ってくれない端は刈バサミでチョキチョキやって、数日ごとに草刈り機を押して刈揃えをして多少は芝生らしきものになりましたが、手入れを怠っている貧弱な芝という感じにしかなりません。来年は春からちょっと頑張って多少はきれいな芝にしてみたいところです。

自前で道具を用意して、ボランティアで芝刈りをする奇特な人になりつつありますが、この棟の住民の皆様からは多少感謝されているようではあります。

2024年6月13日木曜日

スピーカーDIY

TVを75インチにしたので、スピーカーの方もせっかくだから何とかしようということで、ずっと昔に作った自作のサブウーファー箱を引っ張り出してきました。ユニットはW69-1042J 6x9" Paper Subwoofer (https://www.tb-speaker.com/products/w69-1042j)という変わった形状のものです。

一応バスレフ形状になっていますけど、本当に適当に作ったものです。30Hzぐらいまで出ます。音はちょっと汚いかも。穴を塞いで密閉箱にした方が良いかもしれませんが、まあいいや。

サブウーファーだけでは話にならないので、メインスピーカーを何とかします。

適当なペア30000円ぐらいの製品のスピーカーを買ってきたほうが、素人が作るよりも良い音で満足できると思いますが、せっかくだから今回は作ることにします。


Youtubeで調べているとこれが無印と言われていてコストパフォマンスが良さそうです。ペアで5000円ほど。

DAITO VOICE ダイトーボイス DS-16ⅢF 8Ω 16cm フルレンジスピーカー 



 軽いです。ボイスコイルと磁石は貧弱ですので、低音をガンガン鳴らすものではありません。低音はサブウーファーに担当させますので、これで良いのです。


ダブルコーンになっています。中心についている貧弱なコーンは、猫が引っかいて一発で壊されそうなので、ネットを付けることにします。こういう触ってほしくないところをわざわざ狙ったように爪を立ててオジャンにしてしまうのが猫なのです。


パーツを3Dプリント。


セリアでステンレスの15cmのザルを2つ購入してきました。


ザルではなくストレーナーという洒落た名前のようです。


網の部分を切り離します。


3Dプリントしたパーツに網をはめ込み、接着。


15cmはギリギリでしたがのスピーカー防護ステンレスネットが出来上がりました。



これをスピーカーの外枠にはめ込みます。


真ん中がちょっと盛り上がっていてなかなか見ごたえがあります。

なかなかカッコいいでしょう?これなら猫がコーン紙を爪で破ることもできないです。ザマあ見ろです。

2024年6月3日月曜日

75インチテレビに昇格

 先日55インチのTVを買ったのですが、32インチからアップグレードするとこれが大満足。どうやら画面は大きければ大きいほうが満足度が高いようだと感じ、普及価格帯で買える最大サイズの75インチを買ってみました。112520円でした。

まず部屋の改造から始めます。古い構造なので壁はコンクリートでその上に壁紙が貼ってあるという荒っぽい作りです。ここに板を貼ります。


板はまた隣のデッキ工事屋に捨ててあるパレットをバラして木材を入手。今どき1x4,2x4材も高くなりましたので、タダで手に入る廃棄パレットというのはありがたいものです。隣の会社も金払って廃棄処分するのですから、持っていってくれるならありがたいようです。
木材が足りなくて半分ぐらいしか貼れませんでしたけど、これだけあればTVサイズには足りそうです。
ここに壁掛けをします。心配なので一応コンクリートアンカーを二箇所打って壁掛け金具を固定しました。

しかしながらこのTV、ずいぶんと安いなと思いましたが理由はあります。3年前のモデルを処分したいようです。


55インチは軽かったですが、75インチは24kgという結構な重量です。実際サイズも大きくて配達の方二人がかりで我が家に搬入するのに苦労しました。これ以上のサイズは家には入りそうもありません。


次の日に壁掛け金具を壁につけて、これまた二人がかりで設置しました。


写真だとちょっとこの大きさは伝わらないと思いますが見事にでかいです。
家電量販店でしか見たことがない大型TVがうちにあるという感激があります。画面がここまで大きいとスピーカーをなんとかしたいところです。


何を見ても迫力があります。パキスタンの山奥で羊飼いが放牧しているというスマホの小さな画面では絶対に見ないようなヌルい動画でも75インチ画面で見ると目を見張るほどの見ごたえがあります。欠点としてはカメラブレが続くと酔ってきます。

またここまで画面が大きいと照明の映り込みは多少スクリーンのチルトをして角度を変えたところでなんともなりません。


55インチは寝室に移動。

今回購入したのはスマートテレビなのですが、これはあまり役に立ちません。見たい配信チャンネルが入っていないのです。結局配信を見るのはFire TVを後付けすることになります。






2024年6月1日土曜日

テレビドアホン

 古いマンションに住んでいるので、ドアフォンが音声のみの古いタイプです。通話機能がない呼び鈴よりはマシですけど、最近かみさんが根性のあるセールスマンにドアを開いてしまって20分無駄にしたので、顔が確認できるテレビドアホンを導入することにしました。


これが簡単そうです。パナだから品質に信用もできそうです。電源コード式なので電気工事士の資格も多分いらなそうです。何年使えるのかわかりませんが、前に住んでいたマンションにもほぼ同じものがついていて8年ぐらい住んで壊れなかったので、10年は大丈夫そうです。それで11000円ならお値打ちだと思います。


中身はこれです。


音声のみのドアホンはこれでお役御免です。


外側の子機の交換です。ネジの位置は規格があるようで全く同じでしたので新たにネジ穴を開ける必要はなかったです。さらに元から付いている2本の電線をつなげるだけです。


内部のスクリーンを見ながらカメラの向く位置を調整して、ガワをつければ終わりです。


電線の引き直しもなく至極簡単に終わりました。音声用の電線に無理やり画像データを流しているので解像度はあまりよろしくありませんが、ドアホンでしたらこれぐらいでも充分役に立ちます。

訪問者の顔が見られるのは実に安心感があります。これでNHKの勧誘も追い返せますよ。私はNHKの受信料を払っていますから、来られても「払ってるぞ!」と胸を張ってお帰りいただけますけど。


2024年5月28日火曜日

Yashica D用カット済み貼り替え革

ちょくちょく二眼レフの革を採寸しているのですが、採寸したものが多すぎて自分でもよく把握できていません。ヤシカの二眼のデータは結構あるので、暇を見てリストしていきたいと思います。

とりあえずはYashica Dです。こんなの需要あるのかな?と思いますが、昨日問い合わせがありました。早速写真を編集して販売ページに載せました。


販売ページは以下のリンクからどうぞ。

http://aki-asahi.shop-pro.jp/?pid=181073283


2024年5月21日火曜日

ペット用自動給餌器

日が長くなってくると2匹の猫が4時半頃から活動をし始めて「飯をよこせ」と人間を起こしに来ます。人間の方は6時まで寝る予定なのでたまったものではありません。

猫が起きるぐらいの時間に飯を与えれば、活動はやめないにしろ人間を起こすのはやめてくれるのではないかと期待して、自動給餌器を買ってみました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0CJFYHDD4/

お値段は6980円。

餌の取り合いをして面倒な事になりそうなので2つの皿がついているものを選びました。

時間と餌の量を6回設定できます。6回は必要ありませんので、朝4時半 / 昼12時 / 16時の3回(餌の量は4プッシュ)を設定しました。


きちんと時間通りに設定した量を給餌してくれます。なぜ今まで買わなかった?というぐらいの便利なアイテムです。

朝の4時半から叩き起こされないで済むということを考えると7000円の価値は充分にありますし、仕事が押しているときなどに昼に餌をあげに帰らなくても大丈夫です。

あとはどれだけ長く使えるかという耐久性。中国製品はそれに尽きると言えます。


2024年5月20日月曜日

NHKオンデマンドは格安

 

55インチのTVを買ってから、世界の車窓からみたいなのんびりした番組をダラダラと流しながら見ていても、不思議なことに全然飽きないので、そういうのに特化したような配信サービスはないものか?と探してみたところ、これがあるのです。

NHKオンデマンド

NHKに対しては受信料という問題で毛嫌いしている方も多いかと思いますが、オンデマンドは月額1000円ぐらいのサービスの割には過去に放送した番組から最近のものまで、膨大な番組ストックが見放題です。ただ権利関係の問題なのか見られない番組も多いです。

なかなか見ごたえのある番組が多いです。多いどころではなく目白押しです。

1980年放送のNHK特集シルクロード。石坂浩二ナレーションで喜多郎がテーマ曲を作ったあの名作も当然見られます。

第1集「遥かなり長安」編では、何と陳舜臣さんが西安の大鐘楼テラス部分みたいなところから解説を始め、この第一声から番組が始まります。これは感動的であります。

第3集「敦煌」編では、莫高窟に井上靖さんも連れてきてしまいます。井上靖さんといえば名作「敦煌」を書いたので当然といえば当然なのですが、1980年だと中国はまだまだ外国人が簡単に入れない場所も多く、政治力とか資金力を使って連れてきたのでしょう。本当に力が入った番組です。

NHKオンデマンドには、中国の歴史系の番組だけではなく、鉄道系、世界各地の風景など、なかなか良いチョイスしているなあと感心するものが多いです。自分が興味がある分野だけでもおそらく5年ぐらい毎晩見続けてもまだ見終わらないぐらいのストックがあり、これで毎月1000円ぐらいなら喜んで払わせてもらうというなかなか素晴らしいサービスです。

ただ注意点ですけど、TVでNHKオンデマンドを見たいなら、プライムビデオから入会しないと見られません。

https://www.nhk-ondemand.jp/ ここから申し込んでもTVでは見られません。実はこれに私も引っかかって、入会即退会→プライムビデオから入り直しで1000円損しました。


2024年5月14日火曜日

ショップ再開しました

 いつまでも休みにしておくわけにもいかないので、とりあえずご注文は再開させていただきました。

ただ以前のようにバリバリとご注文を捌けるかどうかは現状ではちょっとわからないですので、入ってくるご注文の量を様子見しながらとなります。

とりあえず5月16日には検査もあります。

2024年5月12日日曜日

ショップ再開予定

 5月7日に退院をしたのですが、なんとなく体調もすぐれないので、今日05/12まで休養しております。明日すぐに注文再開とも行かないとは思いますが、仕事は始める予定です。

二週間という割と長い休みを取ったのは2002年あたりが最後だったと思います。これは当時二週間くらいロシアに行ったから覚えております。それ以降、特に長い休みを取らずにずっとやってきたわけです。お客様第一でやっている通販の運営というのはそういうものですから別に何も疑問を持ったことはなかったのですが、よく考えたらもう私の人生は、そんなにお金が必要なくなっているのでは?扶養家族はかみさんと猫2匹だけで、お金の返済やローンはありません。

私は極めて無趣味な人間で人生の楽しみというのは小銭を稼いで貯め込む事で(大金を稼ぐ度量は無い)、要は貯金箱みたいな人生を送ってきた訳ですが、よく考えたら実は朝から晩まで必死に働いて金を稼ぐ必要は、そもそも無いという事に今更ながらに気づきました。

事業を法人化していると、経費と税金を絶対に払わないと行けないという強迫観念があり、それが一体どれぐらいの金額なのか漠然としたまま必死になって働いてしまうのですが、これもきちんと考え直す必要があります。

私の知り合いのカメラマン(50代)は、土日しか仕事を入れず平日は自分の趣味を満喫しているという理想的な半隠居生活を実践しています。何をもって幸不幸を決めるのかは難しい話なのですが、意味も意義もわからずに働かされている私よりもどうやらずっと幸せそうです。

そのことを踏まえて、今後の事業計画というか人生設計を練っていきたいと思います。

休みの間に安物ですが55インチのテレビを購入しました。32インチからの買い替えですので感動的に大画面です。スクリーンの横幅は何と122cm。こんな大きなテレビはスーパー銭湯でしかお目にかかったことはありませんでした。それがご家庭の12畳リビングにやってきたわけです。

耐久性が心配ですけど、エディオンのカードで購入だと5年の長期保証が付きますので、5年は一応安心です。

大画面になると同じ番組でも面白さが違ってきます。「世界の車窓から」という割と単調な番組でも一日中見ていられます。風景が延々と流れている番組でも見応えがあります。残りの人生は映像コンテンツを消費しているだけで、結構楽しく過ごせそうだ、そんな気がします。

こんな事なら75インチのテレビにすれば良かったよ、きっと満足度はさらに高かったと思います。




2024年5月2日木曜日

入院

 5月1日から、肺気腫でいきなり入院となりました。一週間ぐらいで退院できるのではないか、と言われましたが、現状何とも言えません。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご注文は受け付けられません。何卒よろしくお願いいたします。

また、クレジットカードやアマゾンベイでのお支払の組み戻しは退院後に必ず行いますので、何卒お待ちいただければ幸いです。




2024年4月16日火曜日

消し遅れスイッチ

 我が家のトイレには窓がありません。換気口はあるのでその径に合うファンを探してきて排気をしているのですが、天井の証明から電気を取っているのでトイレの電気を消すとファンも止まってしまうという少々不便なものになってしまっています。大の使用後は2,3分ぐらい換気扇が回っていて臭気を排気してほしいものなのです。

こういうことを考えているのは私だけではないだろうから、スイッチを切っても3分ぐらい通電してくれるタイマーみたいなものはないのだろうか?と探してみたらやっぱりあるのですね。



50年以上生きていて、こんなものが世の中に存在しているのは初めて知りました。
構造としては、おそらくですがスイッチの中にバネとかゼンマイのような機械が仕込んであり、スイッチをいれるとそのバネが巻かれて、スイッチオフでバネがゆっくり巻き戻りスイッチオンの状態が3分ほど保たれる、そういうものだと思います。スイッチオンでジッという音がします。


普通の壁スイッチとサイズは同じです。
この配電図を見ても私にはよくわかりませんが、とりあえずつけてみましたが普通のスイッチと同じ動きしかしてくれません。要するにスイッチオフですぐに電気が切れてしまうのです。
壊れてないか?と思いましたが、線のつなぎ方が悪いのではないか?と考え、ちょっと配線を変えて繋いでみたら動きました。しかし今度は下の2つのスイッチが不動になってしまいました。


話をややこしくしているのは3連スイッチなのです。1個だけのスイッチでしたらそれほど複雑でもないでしょう。上の画像の赤い線のように配線されているので、更に自分の頭ではわからなくなってしまっているのです。上の画像のように配線をしても消し遅れにならないです。

何度か適当に線をつなぎ直してなんとかスイッチを切ってから3分の間、照明と換気扇が回ってくれるようになりました。正しい配線方法はというと写真を取るのを忘れました。


これは実に便利です。ただ適当に繋いで消し遅れにならなくても「壊れている!」と思う前に、配線方法を疑ったほうが良いです。

2024年4月8日月曜日

新しく家族になったキジトラ猫

 

2ヶ月預かっていたサイベリアンの猫は3月の24日に持ち主に引き取られ、我が家はすっかり静かになりました。このサイベリアンのフーたんは持ち主といっしょに中国に連れて行かれるようで、本当に二度と会う機会はなくなったのでした。日本生まれのロシア猫であるフーたんは今度は中国人になってしまうという目まぐるしさです。どこに行っても幸せに暮らせればそれで結構なことです。きっと新天地でも可愛がられて生きていかれると思います。

猫が二匹いるというちょっとだけ賑やかな生活が普通になると、先住猫も人間も静かさに不満を持ち始めます。

仕方ないから猫をもう一匹ガメてくるとするか。ガメてくるわけにはいかないから、名古屋市動物愛護センターhttps://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/15-7-2-0-0-0-0-0-0-0.html)に保護猫を見に行くことにします。

流石に名古屋市の公共施設だけあり至れり尽くせりです。獣医さんが常駐していてどの猫も予防接種や去勢を施されています。しかも引取時に支払うお金は3000円ぐらいのマイクロチップ埋め込み料金だけです。

こういうのを見ると、我々の税金は決して無駄に使われているわけではないと実感いたします。一納税者としてちょっとだけ誇らしい気分になります。

正直、名古屋市全体ではどれぐらいの野良猫や捨て猫が捕獲されて殺処分されているのかわかりませんけど、この施設に保護されているのはかなり幸運なのかもしれません。

平日の1時間ぐらい見ていましたけど、名札の上に「トライアル決まりました」みたいなシールが貼られたりして結構回転は早いのかなという印象がありました。

先住猫が遠慮がちなタイプなのでグイグイくる猫だと難しいだろうなぁと思い、飼育員さんと相談して一番正確が温和な(ビビリな)オス猫を2週間トライアルさせてもらいました。


ただビビり過ぎる性格で、3,4日の間は隔離部屋のベッドの下に入り込んだまま出てきません。二週間のトライアルが終わってもまだ人間が怖いようでキャットウォークの隠れスペースが自分専用の場所になっています。


飼育員さんが言うには、この猫は一人暮らしのおばあさんに飼われていて、その飼主が病気で寝込んでしまい猫の世話どころではなくなり、餌もろくにあげられない状態でガリガリに痩せ細ってしまっていたところを飼い主ともども保護されたらしいです。運が悪かったら老人の孤独死の道連れになっていたというハードな半生だったわけです。

深刻な飢えを経験した状態なので食べ物に対して異様な執着心を持っており、食べ物をそこら辺に置いておくと見境なく食べまくるので注意してほしいということでした。

先住猫とは適度な距離をとって、なかなかうまくやっているようです。

日に日に我が家に慣れては来ていますが、まだ人間には警戒心が解けないです。無理にスキンシップをとっても怖がられて逆効果だと思いますので、現状急がずのんびりと慣れていってもらうという方針でやっています。


なかなか凛々しい姿です。

背中はヒョウ柄で強そうですけど、今の時点ではかなり小心者です。

名前はウミ(海)と命名。先住猫はソラ(空)、ちなみに私は陸さんです。