2017年4月22日土曜日

なかなか不思議な親子関係

配偶者の仲の良い友達(インドネシア人に嫁いだ日本人女性)というのがバリにいて、その息子が去年から名古屋の大学に留学してきているのですが、この親子関係というのがなかなか不思議なものでして、何が不思議だというともう異様なぐらいベッタリしているんです。どれぐらいベッタリしているのかというと、母と子で手をつないで歩くぐらい日常、というぐらい。私などこの時点でゲロ吐きたくなるんですけど、まあ別にそれは良いですとしましょう。

昨晩、その息子がウチに遊びに来たのですけど、夜遅くなると母親がバリから「最終のバスと地下鉄が何時だから、神沢駅(ウチの最寄りの地下鉄駅)を何時に出ないと」とか何とか、延々とキンコンキンコンとウチの配偶者にメッセージが入ってきて、大騒ぎなんです。最終バスを逃したら最寄りの駅から歩けば良いだろう?10分ぐらいのことだぞ。電車に乗り遅れたらウチに泊まれば良いのではないだろうか?それでも帰りたければ、歩いて帰れば良い。2時間ぐらい歩けば帰れるだろう。良い運動になるぞ?20歳近くになるような男なんだから、そんなの放っておいてやれよと、私なんかは思うのです。
その息子に「いちいち小うるせえんだよ、ババアは少し黙ってろ」とメッセージ送って黙らせてやれ(笑)と、半分冗談でけしかけてやったら
その息子、顔面蒼白で「お母さんにそんなこと絶対に言えない!」と、本気で言ってました。ウチの配偶者も「〇〇さん、そんなこと息子に言われたら、泡吹いて倒れてしまう」と本気で心配しています。「おいおい、君たち、、、」言葉を失う、というのはこういうことだ。

親子関係というのは、まあ他人が立ち入るものではないし、文化の違いもあるし、お父さんお母さんを大切にしましょうというのは、決して間違っている事ではありませんが、普通日本でもこういうものだろうか?私だけ違うのだろうか?自分の方がちょっと心配になってきました。
バリ島にいる母親から、名古屋の交通機関にあれ乗れこれ乗れと遠隔操作されている二十歳ぐらいの若い男よりも、
「ゴチャゴチャうるせえんだよ、もう口を動かすなこのババア!テメーの心配でもしていやがれ、ゴラァ!」
ぐらいにポンポンと威勢の良い啖呵が切れる男児の方が断然頼もしく、「若者らしく元気があって大変よろしい」と私は思ったりするし、大体その方が人間関係に緊張感があって良いだろう?なのでこの若者を見ていると「こんなベッタリとダラダラしていて、お前ちょっと大丈夫か?」と思ってしまうのですねぇ。男は食うか食われるかの世界を孤高に生きるオオカミになるぐらいの気概を持てよ。20近くになってまだ乳離れ出来ねえって、まったく情けないなぁ。
私は自分の息子が(いませんけど)こうだったら、ちょっと、いやかなりイヤだなぁ、まあそんな感じです。